« ウシャコダ/SOUL TO YOU | トップページ | ジャケ面出しコンペ・sugarさん編 »

2006年5月31日 (水)

クラプトンワールドツアー初日音源

P1010010_3 

待ちに待ったEC初日テーパー音源をキャッチ!

話題のデレクトラックス小僧は予想を軽く裏切る、サポートギタリスト扱い。火の出るようなスライドバトルもあるにはあるが、はやり主役は完全にECで世界の知名度からいえば10000:1位でそれは当然だろう。ただ、これから8月までツアーはぶっ続くので、多分このバンドは研ぎすまされて凄いことになるだろう、ロシアあたりでな(笑)ちなみに、オウタチェンジ~マザーレスチルドレンのメドレーは初めてでは?これは完全にデレク対策(笑)

セットリストは写真をご参照ください。

バンドの詳細
Eric Clapton - Guitar, Vocals
Doyle Bramhall II - Guitar
Derek Trucks - Guitar
Chris Stainton - Keyboards
Tim Carmon - Keyboards
Willie Weeks - Bass
Steve Jordan - Drums
The Kick Horns: Simon Clarke, Roddy Lorimer, and Tim Sanders on Brass
Michelle John - Backing Vocals
Sharon White - Backing Vocals


一番、火の出ているMOTHERLESS CHILDRENだけ聴く?多分トリプルスライド? やかましいやかましい(笑)
http://briefcase.yahoo.co.jp/bc/mv335/lst?.dir=/&.src=bc&.done=http%3a//briefcase.yahoo.co.jp/&.view=l

これは昨日、5月29日 Zenith Arena  でのセットリスト、ほとんど変化はない。ロバートクレイは前座らしい。

Setlist

Pretending
So Tired
Got To Get Better In A Little While
Old Love (with Robert Cray)
I Shot The Sheriff
Anyday

sit down set
Back Home (acoustic)
I Am Yours
Nobody Knows You When You're Down And Out
Running On Faith
Milkcow Blues

After Midnight
Little Queen Of Spades
Everybody Oughta Make A Change
Motherless Children
Wonderful Tonight
Layla
Cocaine

Encore
Crossroads (with Robert Cray)

« ウシャコダ/SOUL TO YOU | トップページ | ジャケ面出しコンペ・sugarさん編 »

コメント

サイケさん:
息が合ってきてバンドも更に、よくなってるらしいですな。8月のロシア公演が楽しみです、行きませんが(笑)

ようやく聞かせていただきました。ありがとうございます。
ホントにやかましいでんな(笑)。

oceanさん:
これで驚いちゃいけません、25日のロイヤルアルバートホール公演が!

もう、そんなものが出回っているのですかっ。恐るべし。

MOTHERLESS CHILDREN 早速聞かせていただきました。ソロはデレクですか?『461』のテイストが出てますね~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99601/2004604

この記事へのトラックバック一覧です: クラプトンワールドツアー初日音源:

« ウシャコダ/SOUL TO YOU | トップページ | ジャケ面出しコンペ・sugarさん編 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック