« UNCOVERED/V.A. | トップページ | Geoff Muldaur&Amos Garrett/LIVE IN JAPAN »

2006年5月20日 (土)

BETTER DAYS/PAUL BUTTERFIELD

Betterdayscd

レコで持っていたい一枚。
ずっと、壁に掲げていました、絵になるジャケです、使いこなされ倒して
かっこいいが出来れば借りて吹きたくない(笑)ホーナーのブルーズハープがイカしますな。

僕は、関西ブルースシーンどっぱまり→リアルブルーズ→ホワイトブルーズ→クラプトンは
やっぱ、スゴかった、という変遷を辿ってブルーズにハマりました。このアルバムは
もっと、へんてこな入り方でフュージョンにのめりこんでいた時にSTUFFと言うバンドの
クリスパーカーというdsの人が参加していたつながりで入手したんです。

勿論、エイモスやジェフの名前は知っていましたが これを聴くまではそんなに興味はありませんでした。

この作品で<黒人の表面上の真似をしなくても、ブルーズは出来る>という事をはっきり実感して
当時、自分自身もブルーズバンドをやっていて唄い方やギターの弾きかたもナチュラルになって
変なプレッシャーが抜け、良い演奏ができるようになった気がしたもんです。

今でもジェフが世界で一番ブルーズの上手い白人歌手だと事実は僕の中では変わらず
エイモスがブルーズギターのイノベータ-の一人だという事は変わりません。

僕は、エイモスのソロではこの作品に収められている PLEASE SEND ME SOMEONE TO LOVE が
一番グッときます(腰が砕けるような天使が酔っ払うような官能的な←知らない人用表現)

あなたはどのソロですか?やっぱ、アレですか?

1.New Walkin' Blues
2.Please Send Me Someone to Love
3.Broke My Baby's Heart
4.Done a Lot of Wrong Things
5.Baby Please Don't Go
6.Buried Alive in the Blues
7.Rule the Road
8.Nobody's Fault But Mine
9.Highway 28

Paul Butterfield's Better Days
米国シカゴ出身の白人ブルース・ハープ奏者Paul ButterfieldがPaul Butterfield Blues Bandを経て72年に結成。メンバーはGeoff Muldaur(vo,g)、Amos Garrett(g)、Ronnie Barron(key,vo)、Christopher Parker(dr)、Billy Rich(b)。

Betterdays_2

« UNCOVERED/V.A. | トップページ | Geoff Muldaur&Amos Garrett/LIVE IN JAPAN »

コメント

BYRDさん:
TBありがとうございます。プリーズ~の人気が高いですね。僕もこれとオアシスとジーベイビーかな?

トドさん:
徳武さんのはないですが、マリア&エイモスの91年のだったら映像でありますよ。観ても、弾き方は全然分かりませんがね(笑)

melonpanさん:
その後、いろんなアーティストがオアシスをカバーしていますが、あれはマリアの歌とエイモスのソロとセットでナンボなんですよ。分かっとらん。

oceanさん:
まさに、DO YOU BELIEVE IN MAGIC? です、ええ。

サイケさん:
早いとかうまいとかよりも、ワン&オンリーなプレイの人が一番素敵だとずっと思っていますが、この人は個性的もいいところですよね(笑)おまけにボーカルも!

Yassさん:
彼のライブ映像を見ると分かりますが、サムピッカーなんですよね。他の指は生で弾いています。彼の名演ランクみたいの作ると盛り上がりそうですね。

たにさん:
ボビーチャールズの作品の中でも、スモールタウントークが特に好きでねえ。暖かい曲です、ホント。

torigenさん:
リーオスカーといえば、星屑みたいなジャケのが有名ですね。あと、WARでのライブね。 torigenさんはHBのイメージが強いですが、色々なものを聞いてらっしゃることが分かりました、これからもよろしくおねがいします。

リニューアルおめでとうございます!
みなさんと同じコメントになってしまいますが、自分もこのアルバム大好きです!
「Please Send Me Someone To Love」でのエイモス・ギャレットのギター・ソロほんと最高ですよねっ!
TBさせていただきましたので、よろしくお願い致します。

再開おめでとうございます。
リニューアル楽しみにしてました。

>あなたはどのソロですか?やっぱ、アレですか?

もちろん、アレも好きですが(笑)、彼のソロアルバム「ホーム・イン・マイ・シューズ」に入っている「スリープ・ウォーク」が最高ですね。スライドバーを使わずに何であんな音が出せるのか驚異としか言いようが無いです。たぶんスラーとベンディングの組合せだと思いますが、超ウルトラ・ライトゲージでも張らないと(笑)。

PS:徳武さんが「Midnight at the oasis」のソロをライヴで弾いたそうですが音源を聞いてみたいですね。

私もこのアルバム 大大好きです。
Please send me someone to loveの
エイモスさん、最高です。Winterlandでのライブも 
とくに 派手なアドリブが入ってるというわけではありませんが 
力入っててとってもいいです。
エイモスさんのギター 次に好きなのが 
マリアマルダーさんのMidnight at the oasis です。

リニューアル・オープンおめでとうございます!
エイモスのギターを初めて聴いたときは、得体の知れない音色に馴染めなかったのですが、あちこちでその音を聴いているうちに はまってしまいました。魔法使いのような人ですね♪

ええ、ええ、もちろん『PLEASE SEND ME SOMEONE TO LOVE』ですとも!このソロはエイモスさんの仕事の中でも3本の指には入る傑作だろうと思っとります。以前「歌伴ギタリスト」という企画で、しっかり番組でもこの曲オンエアさせてもらいました♪

リニューアル?おめでとーございます。
おそなってすいませんです。
私もこのアルバム大好きです。
ウッドストックという土地の魔力を感じずにはいれません。
PLEASE SEND ME SOMEONE TO LOVEのエイモスのソロは最強やと私も思いますです。

むむむ〜〜。
星屑ギター。いいなぁ〜。
エミル姐の Here, there and everywhere のギターソロもいいなぁ〜。
Better Daysの別盤で聴ける Small town talk はハモンドの歯切れがいいですね。ハープのソロにギターがまとわりついてく感じ、すごいですねぇ〜。

どもぉ!torigenです。
やっぱ、Macでは文字化けして(爆)。

いいですねぇ、ブルースハープ!
私もリー・オスカーとお近づきになれそうなので、彼のハープ欲しいなぁと思って物色中なんですが、何かお勧めありますか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99601/1839804

この記事へのトラックバック一覧です: BETTER DAYS/PAUL BUTTERFIELD:

» "Better Days" Paul Butterfield's Better Days [BYRD'S SELECT MUSIC]
早いものでもう来週にはゴールデン・ウィークなんですよね。多分みなさんは来週からの休みにどこかへ出掛けられる方も多いと思いますが、自分はまだゴールデン・ウィークの予定は全然決まってません(苦笑)。せっかくの連休ですのでどこか行きたいのですが、こういった休み....... [続きを読む]

« UNCOVERED/V.A. | トップページ | Geoff Muldaur&Amos Garrett/LIVE IN JAPAN »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック