« ORIGINAL LOVE/セッション | トップページ | Fenton Robinson / Somebody Loan Me a Dime »

2006年5月11日 (木)

THE BAND/The Moon Struck One

P1010214_1   (新記事)

ファンなら誰でも作れるが、気が付かなかったこと

どこから見てもブートにしか見えない、この盤は2002年にオランダの廉価盤専門のマイナーレーベルからリリースされたザ・バンドのコンピ盤。だいたい7ドルから10ドルで買えます。オフィシャルテイクを収録した、ライセンスを取ったオフィシャル盤なんですが、収録曲を見て、何か気が付きますか?

そう、コアなファンなら一目瞭然!この人の声が一番好きな人が多いのではないかと思われる、故リチャードマニュエルさんのボーカル作品だけを収録したわけですわ。これを、レボン、リックを続けて出しても、多分評価されないと思うのは俺だけか(笑)リチャードだから、「ポン!」を手を打つわけで、難しいねえ、ここらへんが。

Tracks

  1. Tears Of Rage
  2. I Shall Be Released
  3. We Can Talk
  4. Across The Great Divide
  5. King Harvest (Has Surely Come)
  6. Whispering Pines
  7. Rockin Chair
  8. Shape I'm In
  9. Moon Struck One
  10. Great Pretender
  11. Acadian Driftwood
  12. Georgia On My Mind
  13. Let The Night Fall
  14. Chest Fever

The Band - The Moon Struck One - 2002 - Disky SI905050

The Band: Richard Manuel (vocals, keyboards); Rick Danko (vocals, bass); Levon Helm (vocals, drums); Robbie Robertson (guitar); Garth Hudson (keyboards).

P1010215_2

« ORIGINAL LOVE/セッション | トップページ | Fenton Robinson / Somebody Loan Me a Dime »

コメント

匿名さん、コメント遅れてすいません。

ガースの名演集だった作れますね!

ガースは……あったらある意味メチャ買いかも。

サイケさん:
リックだと枚数の問題が(笑)ロビーだと、作品にならないし(笑)

muffさん:
リチャードのような「搾り出し系」ボーカルは堪りませんね、自分が出来ないので、大好きです。 単独名義のライブ盤も最高です。

こうして並ぶと「名曲」「名唱」の何と多いことよ!渋いうえに色気のある声というのは得ですね。でも俺、リック版でも手を打っちゃうかも・・・。

リチャードの声、私にはレイ・チャールズ並

だからこそですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99601/1762492

この記事へのトラックバック一覧です: THE BAND/The Moon Struck One :

» rick danko [北村和哉のフォト・アルバム「誰も音楽を聴かなくなった」]
1994年8月、Woodstock '94 のバック・ステージで。 Rick Dankoとはこのときが、ほぼ(?)初対面だった。なぜかピントが甘いけど、彼の何気ない表情が好きで、この写真を載せた。(わたしの写真以外でも)彼が被写体となったものがわたしは好きで、幼少のころのRick Dankoはきっとかわいいこどもだったと思わせるものばかりだったと記憶している。 クラブまわり、どこかのキ... [続きを読む]

« ORIGINAL LOVE/セッション | トップページ | Fenton Robinson / Somebody Loan Me a Dime »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック