« ジャケ面出しコンペ・TLDさん編 | トップページ | LIVE JAM!/THE JAZZ FUNK MASTERS feat, LONNIE SMITH »

2006年7月17日 (月)

泉谷しげる/黄金狂時代

Photo_15   

泉谷しげるエレックレコード最後の作品で5作目、一番よく聴いたアルバムです。バックには「ラストショー」と「イエロー」というまるで国語と算数くらい、芸風の違うバンドを配しても、まるでゆるぎない泉谷サウンド、さすがです。
ラストショーはこの後、77,78年の続けてソロ作を発表しますが、そのプロトタイプをいえる「溶岩道路RAG」をインストとして泉谷氏のソロ作に収録という,今考えると!な出来事が起こっていますね。ラストショーは現役のバンドで
今も、ライブハウスで時折、すばらしいプログレッシブカントリーロックを聴かせてくれています。バンド名は泉谷氏が映画のタイトルからつけたと聞きました。

05年に狭山で開催されたハイドパークフェスでも演奏していました。会場では、僕らの前に彼らの奥さんたちが団体でいらしており、さながらファミリー運動会の応援団風景を彷彿されほほえましかったのを覚えています。「黄金狂時代」はCD化ももちろんされておりますが、なぜ写真のオリジナルジャケを使わなかったのか、不思議。コーラやガムのせいなのか(笑)?そうだとしたら、小さいなあ。

1 眠れない夜
2 アハハハ
3 暗闇街丑松通
4 火の鳥
5 溶岩道路RAG
6 摩天楼
7 遙かなる人
8 Dのロック
9 人情夜曲
10 懐かしい人
11 明日のヒマ人
12 北の詩人

松田幸一 : E.Bass, Harmonica, Tambourine, Wood Block, Chorus, Mouth Bow, Spoon
村上 律 : Pedal Steel, Banjo, A.Guitar, Chorus
尾口 武 : Drums
徳武弘文 : E.Guitar
垂水良道 : E.Bass, Chorus
吉長信樹 : Drums, Chorus
中村純作 : E.Guitar
垂水孝道 : Percussion, Chorus
川崎雅文 : E.Piano, Hammond Organ

Photo_14   

CDのジャケはこれ。LPの方がカッコイイね。

« ジャケ面出しコンペ・TLDさん編 | トップページ | LIVE JAM!/THE JAZZ FUNK MASTERS feat, LONNIE SMITH »

コメント

LP→CD化の際に、意図不明なデザイン変更はよく行われますよね。よかったためしがないです(笑)

音楽のことはわかんないんだけども、"そうだとしたら、小さいなあ。"にグッときました。 だねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャケ面出しコンペ・TLDさん編 | トップページ | LIVE JAM!/THE JAZZ FUNK MASTERS feat, LONNIE SMITH »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック