« ONLY IN AMERICA 1&2 | トップページ | Richard Groove HolmesとCharles Earland »

2006年11月 9日 (木)

DAVID.T.WALKER ODE盤3種再発

P1010436 これはすばらしいね、快挙ですね、紙ジャケらしいです。僕は3種アナログでそして、自分で設定した中古盤に払う妥当価格(4000円まで)で めっけるまでに

結構な年月をかけました(笑)これこそ、中身はCDでいいから「でかジャケ」でリリースすべきだと思います、中年おやGの顧客満足度向上活動!

この3枚にはこんなカバーが収録されています、トロトロ仕上げです(笑)

Never Can Say Goodbye/On Broadway/What's Goin On/Work To Do/Brother, Brother/迷信/With a Little Help from My Friends/Lovin You

そしてそして、よく読ませていただいている音楽ライター金澤寿和さんのBLOGに再発に至る経緯が詳しく書かれているので心して読んでね。

« ONLY IN AMERICA 1&2 | トップページ | Richard Groove HolmesとCharles Earland »

コメント

BBJBCDさん:
ルースブラウンのもなんででしょうね?ブートのリプロ盤も俺はみたことありませんわ。

yu-shioさん:
オンラヴの所持率が高いのはジャケといい納得します。まだまだ、諸事情にて未CD化の良盤があるようですね、色々と教えてください。

再発を知って驚きました。これは出ないと
決めてかかってましたので。
次はルース・ブラウンのあの盤か?
あれは何故再発されないんでしょうかね。
マスター無いとか?権利問題かなあ。

おっこれは快挙ですね。「On Love」しか持ってないのでぜひ手に入れないと。ついでにメリークレイとンの2作もCDになるといいな(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99601/4121247

この記事へのトラックバック一覧です: DAVID.T.WALKER ODE盤3種再発:

« ONLY IN AMERICA 1&2 | トップページ | Richard Groove HolmesとCharles Earland »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック