« ハリーさんの30年目の音楽航海記録 | トップページ | ち~旦DJ企画2発 »

2007年1月17日 (水)

Hank Shizzoe & Loose Gravel with Sonny Landreth / In Concert

Hankshizzoe_live

デレクもいいけど、ハンクシゾーもね!」
やはり、持つべきものはスキ者の情報源で、ひょんなことからトレードすることになった方から教わった、Hank Shizzoe ハンクシゾーなるスベラーマン兼ボーカリスト。

スイス在住のスイス人で、活動拠点もスイスやドイツ中心らしい。古今東西魅力的なスライドギタリストはたくさんおりまして、デュアンオールマン、ロウエルジョージ、ライクーダー、デビッドリンドレー、ソニーランドレス、ロイロジャース、パパマリ...あとは、ど忘れ。まだ、ひとつの作品しか聴いていないのでえらそうなことを書けないのを承知で書くが、シゾーの魅力は「スライドも凄いけど、歌もいい」ところか。声は、ルーリードとマークノップラーを足して2で割ったのをJJケイルが真似したような感じか?かなり、しぶいカコよさをアイフィール。強気の2枚組ライブは地元での録音で、2枚目はかのソニーランドレスが前編参加。基本バンドはギタートリオで、音楽的にはまさにダイアーストレイツっぽかったり、ウエストコーストっぽかったり、ちょっとハードだったりしてギター好きは要マークお勧めかな。ただ、写真見るかぎり、かなりオーラレスなおっさんね(笑)腕一本で勝負ってところか?もし、まかり間違って、小さなライブハウスとかに招聘されたりしたらおじさんと一緒に必見ね。この2枚組みには、エンハンスVCD(つうのか?)で1曲動画も観れます。スタッガーリー!

1.) Bedpopthang 4:23
2.) Southern Movements 7:47
3.) Arrows Through My Heart 3:59
4.) Low Budget 5:32
5.) Handmade Love 6:52
6.) Indian Girl 4:13
7.) Caught Asleep 3:58
8.) The Whole Book 7:15
9.) Waltz No.1 4:05
10.) Serious Shopping 4:58
11.) 8000 Miles To New Orleans 4:42

plus *Enhanced Video Track "Stagger Lee"

1.) Oh So Near 5:13
2.) Don't Bore Me, Man 6:34
3.) Joe Went To The Water 6:53
4.) You Make It Sway 5:11
5.) Zoo 7:22
6.) Isbjørn 6:01
7.) Six Blade Knife 7:47
8.) Being There With You 4:58
9.) She Belongs To Me 4:25
10.) Cabin Down Below 4:15
11.) Real Tigers 5:03
12.) The Life Of A Thief 5:09

*featuring Sonny Landreth

どっかで視聴して、Handmade Loveのスライドソロで泣いてください。


これらは、未聴ですがリリース作品です。

Hankshizzoe_outandabout Hanksizoe_st

« ハリーさんの30年目の音楽航海記録 | トップページ | ち~旦DJ企画2発 »

コメント

>小村はジョンがライへのライバル意識がすごくて、うまくいかなかったようですね。

そんなことをニックがインタビューで言って
ましたね。全然違うタイプだと思うんですが
傍からみると(笑)。ライよりジョンの方が
作曲能力はあると思うが?そりゃ、楽器は
ライの方が上手いが。そういう問題じゃないのかな?
アルバムも、この面子から想像した内容からは想像したより遥かに及ばず…。ジョンのが
上手くいきすぎたのか?
まあ、各人良い思い出にはなってなさそうだ。

BBJBCDさん:
小村はジョンがライへのライバル意識がすごくて、うまくいかなかったようですね。まあ、映像もライブ音源もそこそこ残っているんでいいかと思いますが、生で観たかったですねえ!

Yujiさん:
スイスですからねえ(笑)そりゃ自力では見つけられないミュージシャンですよ。世界は広いつうことをまた知りました。

torigenさん:
いやいや~、教えていただく音源も多いんですよ。本当にtorigenさん含め、多くの出会いに大感謝ですよ。

ランドレスも見たいですね、ジョン・ハイアットのバックで(笑)。ハイアット、誰か呼んでくれないかなあ…。ニック・ロウと
ライ・クーダーにケルトナーの地味な(笑)
スーパーバンド、小村で絶対来日すると思ったんだけど…。もう、一緒にやらんでしょうなあ。
ライはねえ、まあ元気だからいいのか?
もう完全に自分の趣味でやっている感じ?

◆あ、ランドレスだった、間違えちった。(^^;

◆これ、誰のブログだったかなぁ…確か、スライド好きの
 Time Will Tell のYassさんだったと思うけど
 そこで紹介されてて、僕も全然知らなくて興味わいて、
 買って聴いてみたの、一年ちょい前かな。
 すっごいイイよねーこれ!大好きです。
 ぼくはハンクのやさぐれたスライドの方が、
 スクゥエアなサニー・アンドレスのより好きだわ。

ち〜旦さん、いつもながらそのカバー領域の広さには脱帽。当然?未聴です(汗)。
他のリンクさせて頂いているサイトさんと合わせるとこれまた膨大な数…(爆)。
濃いなぁ、みんな…(汗)。
とか何とか言いながら、楽しんでますけどネ?わはは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハリーさんの30年目の音楽航海記録 | トップページ | ち~旦DJ企画2発 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック