« the best Rock Album in the world...ever! | トップページ | 極限!ブルース・ギター ~ 白熱のシカゴ・ライヴ   »

2007年2月 3日 (土)

PATTI AUSTIN/Live at the Bottom Line

Rice_serieux_10kgimg600x4501159502121p10

今回は、学生時代よく聴いたパティオースティンをご紹介。クインシーとの仕事やその後のDO YOU LOVE MEのヒットで一気にメジャーリーガーになった彼女のそれ以前のライブ盤で78年にニューヨークのクラブ、ボトムラインにて収録されている。ジャケ写真の<レンタル落ち証明シール>が非常に泣かせるがご容赦を。彼女はCTIでデビューしこれが3枚目にあたる。バックは、レオンペンダービス、デビッドスピノザ、ウイルリー、マイケルブレッカーなど。(俺はウリル・リーのベストワークのひとつと思っている、腰にクる)

パティに関しては1~3枚目が大好きで、その中でもこのライブがもっともよく聴いた。歌の上手さもさることながら
選曲のピックアップ具合も絶妙、ランディニューマン、Bオズボーン、ケニーロギンス、スティーブンビショップ.......
彼女は曲ももちろん書けるが、このライブ盤は他人の作品オンリー。特にランディニューマンのRIDER IN THE RAINはもろカントリーフレイバーでポインターシスターズやレイチャールズと同じ解釈で黒人シングスカントリー&ウエスタンを実践、特に特にラストのファルセットを駆使したエンディングはシビれまくる。

1 You Fooled Me
2 Jump for Joy
3 Rider in the Rain
4 Let's All Live and Give Together
5 Love Me by Name
6 Wait a Little While
7 One More Night
8 Let It Ride

Leon Pendarvis Arranger, Keyboards, Fender Rhodes
Pat Rebillot Keyboards
David Spinozza Guitar
Frank Floyd Vocal Arrangement
Errol Bennett Percussion, Conga
Charles Collins Drums
Dave Grusin Arranger
Babi Floyd Vocals
Will Lee Bass
Michael Brecker Sax

※パティがCTIに残した作品はこの4つ この作品も一度CDされているようなので、探せばあるかも。こちら日本盤
CTIレーベルは名作が多いわりに再発とが遅れており(ここ) 

« the best Rock Album in the world...ever! | トップページ | 極限!ブルース・ギター ~ 白熱のシカゴ・ライヴ   »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« the best Rock Album in the world...ever! | トップページ | 極限!ブルース・ギター ~ 白熱のシカゴ・ライヴ   »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック