« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月19日 (火)

AFBF BT 63-66

469656714_134s_2  

THE AMERICAN FOLK BLUES FESTIVAL, THE BRITISH TOURS 1963 - 1966, VOL. 4 の略だ、ふ~。

今回は、イギリスでの収録モノで Muddy Waters, Big Joe Williams, Big Joie Turner, Howlin’ Wolf, Sonny Boy Williams and Lonnie Johnson らが。

いつも思うが、音も映像も綺麗で,CD買うより安い値段で(輸入盤新品で2200円だったよ)ほんとにありがたい時代だなあ、俺がうまれてない頃の演奏だもんねえ。しかし、せこくて悪いが日本盤はこれと比べても曲数が増えているわけでもなさそうで(日本盤4800円!)こっちも国内で再生できるし.....

観たかったのが、ボーナス収録の1914年生まれ巨漢豪快今くるよ系黒人女性ゴスペル/ブルース・シンガー&ギタリストのシスターロゼップサープで、予想通りものごっつい迫力で白いSGを持ち、グワシグワシと襲い掛かられた、これはマーティンスコセッシの映画 Red, White & Blues にも収録されているね。

TRACKS:
1. Lonnie Johnson - Too Late to Cry
2. Sonny Boy Williamson - Keep it to Yourself
3. Muddy Waters - I Got My Mojo Working
4. Sonny Boy Williamson - Bye Bye Bird
5. Sonny Boy Williamson - Getting Out of Town
6. Howlin' Wolf - Smokestack Lightning
7. Howlin' Wolf - Don't Laugh at Me
8. Sugar Pie DeSanto - Baby What You Want Me to Do
9. Sugar Pie DeSanto - Rock Me Baby
10. Lightnin' Hopkins - Come Go With Me
11. Lightnin' Hopkins - Lightnin's Blues
12. Big Joe Turner & Otis Rush - Oh Well, Oh Well
13. Junior Wells - What'd I Say
14. Muddy Waters - When the Rose This Morning
15. Sister Rosetta Tharpe - Didn't it Rain
16. Sister Rosetta Tharpe - Trouble in the Wind

17. Muddy Waters - You Can't Lose What You Ain't Never Had
18. Big Joe Williams - Baby Please Don't Go

写真:あ、俺VOL.3持ってないや。

2007年6月10日 (日)

ソウル・ファンク・R&Bで多いもの

CDの保管場所をいじっていて気づいたことがある。
やたらと、持ってるものが多いジャンル(?)がある。
ベスト盤とコンピ盤とmixものだ

ベスト盤がなぜ多いかというと、多分みなさん同じかと思うが、「オリジナル盤をアナログで所持」しているからであろう。


るんるん○○を聴きたい>アナログをデジタル化して落とすはめんどい>CD買っちゃえ、他にも聴けるし、となる。大人だろ(笑)

特にソウル・ファンク・R&B関連のCDはこんなのばっかだ。
こういう、キッチュなかんじのベスト盤が特に好き、威厳もナンもない感じのやつね指でOK

461023883_97s_1 

写真①:こんな感じのベスト盤がよろしい。(オハイオとロジャーはちょっと、趣味が良い)

461023883_227s

写真②:あまりベスト盤では、使わないほうが賢明なジャケの例


次回は、コンピ盤の解説。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック