« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月28日 (水)

THRILLER JAZZ

誰もがワクワクドキドキするあのオーケストラの、ジャズの、なんかのTVの、映画の、........を集めたナイスコンピが安価で出ていた。1100円かそこらで、ゲット!スリル!サスペンス!刑事物!スパイ物!探偵物!どうだ!これをipodに入れて、街を闊歩するといつもと違う風景に見えた。

P1010598_3   

1.Erwin Halletz & his Orchestra / Dragnet
2.Jimmy Smith / Mission: Impossible
3.Sarah Vaughan / Peter Gunn
4.Chaquito & his Orchestra / I Spy
5.Count Basie & his Orchestra / M-Squad
6.Quincy Jones / Ironside
7.Peter-Thomas-Sound-Orchestra / Caught At Midnight
8.Lalo Schifrin / Dirty Harry
9.The Button Down Brass / French Connection
10.John Gregory & his Orchestra / The Untouchables
11.Roland Shaw & his Orchestra / The James Bond Theme
12.Stan Getz / Charade
13.Paul Desmond / Lady In Cement
14.Roberto Delgado & his Orchestra / Hawaii Five-O
15.James Taylor Quartet / Gotcha (Theme From Starsky & Hutch)
16.Alfred Hause & his Orchestra / Theme From Shaft
17.Rhythm Heritage / Theme From S.W.A.T.
18.Sammy Davis Jr. / Keep Your Eye On The Sparrow

2008年5月18日 (日)

Chiemi Nakai & Emmanuel Bizeau/Afro-Cuban Jazz Project

Lt2338_3   Dsc_4006_2

ニューヨークで活動する、ラテンジャズピアニストのCHIEMI NAKAIさんをご紹介します。

僕はレコ屋で流れていたこのCD一発に心奪われ、彼女を知ったわけで、他に何も分かりませんが、素晴らしく躍動感があり、音がひとつひとつ粒だっており、収録曲もほぼオリジナルで、楽曲自体も素晴らしいんです。日本でのCDの流通が一部に限られているのが残念ですが、これからの活躍に期待です。たまたま、来月N.Y.に行く機会があり、そのタイミングで彼女のCDリリースライブがあるらしいので、行って見ようかと思っています。

CDベイベーで太っ腹に視聴できます。http://cdbaby.com/cd/cneb

La Frontera 4:55
Nueva Vision 2 5:08
Fragments Of Sadness 7:10
Obsession 7:30
Azul 7:31
The Moon On The Water 6:55
Mas Y Mas 4:46
The Flying Gray Cat 4:22
Sedona 8:01
Musicians include:
Chiemi Nakai Piano
Emmanuel "Manu" Bizeau Congas, campana
Juan Carlos Formell Bass
William "Beaver" Bausch Drums
Carlos Del Pino Bass ←この鬼ベーシストの映像もどうぞ、ピアノはCHIEMIさんです。http://www.youtube.com/watch?v=V4mIb76eHOM
Richie Flores Timbales and bongos
Roberto Pitre Flute
Marvin Diaz Timbales solo
Jorge Bringas Bass
Ludwig Alfonso Drums
Mari Koga Vocals
Noriko Ueda Bass
Mike Herscher Bass
Jerome Goldschmit Drums set, guiro
Jimmy Bosch Trombone solo
Mario Rodriguez Bass

映像:http://www.youtube.com/watch?v=0H--BRwB2UU

2008年5月11日 (日)

出張の持ってくCD

P1010557_3 P1010558_3

某ロック居酒屋から、大漁のCDを借りてi-tunesに搭載。ライのコンピでこんなジャケのがあったんだ~とか、オーリアンズのこんな2in1があるのかあ、とかへえアーレンロスってこんなの出してるんだ!とか、感心しきり。これから平日にホテル暮らしが続きますので、

万全の準備をしないと、すんげえつまんない就寝前になってしまいますからね!

2008年5月 1日 (木)

JO BOXERS/JUST GOT LUCKY

スイング、ノーザンソウル、R&Bが詰まった英国出身5人組の83年デビュー盤。結構ヒットしたよね。当時において、・シンセなし ・単純明快 ・長いソロなし が、かえってスカっとしており、僕もよくきいたものだ。でも、2作目であっさり、解散しましたね。

でもでも、本当に凄いのは、Style Councilへ至るPaul Wellerのサウンドより、こっちが先なんですよね!P1010536

PVも懐かしい。

http://www.youtube.com/watch?v=f-kfmuGHtxo

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック