« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月27日 (水)

Ry Cooder 飛び入りであります

AEROSMITH with Ry Cooder / All Your Love

http://jp.youtube.com/watch?v=nBsmNH5cWZM

AEROSMITH with Ry Cooder / Hangman Jury

http://jp.youtube.com/watch?v=nRaBZI-FhjA

2008年8月22日 (金)

Little Feat /Join the Band

Simg_t_ml01706t51bkjpg175

フィーツのロッククラシックス(バンドの曲とかもあるが)を各ゲストをフィーチャーしてのセルフカバー集、リリースホヤホヤです。  「サニーランドレスがロウエルの代わりに......」という夢も叶ってます! ヴァンダイクとの新作が素晴らしいイナラジョージも

歌ってます! ライブもいいけど、こうやってスタジオ盤で今のフィーツで、クラシックスを聴けるのも、幸せだー。

オフィシャルサイトで全曲、親切にも試聴可能ですぞ。

http://www.littlefeat.net/index.php?page=joinband

1 Dixie Chicken - featuring Vince Gill and Sonny Landreth
2 Something In The Water - featuring Bob Seger and Sam Bush
3 See You Later Alligator
4 Fat Man In The Bathtub - featuring Dave Matthews and Sonny Landreth
5 Champion Of The World - featuring Jimmy Buffett
6 The Weight - featuring Bela Fleck
7 Don't You Just Know It
8 Time Loves A Hero featuring Jimmy Buffett
9 Willin' featuring Brooks and Dunn
10 This Land Is Your Land
11 Oh Atlanta - featuring Chris Robinson
12 Spanish Moon - featuring Craig Fuller and Vince Gill
13 Trouble - featuring Inara George
14 Sailin' Shoes - featuring Emmylou Harris, Sam Bush and Bela Fleck

Paul Barrere - vocals, guitars
Sam Clayton - percussion, vocals
Kenny Gradney - bass
Richie Hayward - drums, backing vocals
Shaun Murphy - vocals
Bill Payne - keyboards, vocals
Fred Tackett - guitars, mandolin, trumpet, backing vocals

2008年8月15日 (金)

クレイジーケンバンド / ゼロ

P1020406

CKB毎夏恒例の新作発表のタイミングが来た、今年は「ZERO」てことで、剣さん的には「零」が、一番カコイイ状態だそうです。バンド-音楽=ZEROウーン、マンダムな表現ですねい。

剣さん作品は大きくいくつかのジャンルに分かれます。

☆美メロ系(minor 7thとmajor7thが上がったり降りたりする進行を中心にしたヤツです) 
☆頭悪いロケンロー系 
☆超アジアン系(クンビア系も含む、最近は印度系も)
☆スケールでっかい壮大なジェット系 


など他にもありますが、やはり真骨頂は彼にしか絶対書けない (剣さん)ワールド音楽でしょう。

「木彫り」「夜のヴィブラート」「まっぴらロック 」「魂拳」とか。
今回は「中古車」が、超アジアンとワールドがいい具合でミクスチャーしてますね。

ブラジルとかトルコとかのワールドミュージックではなく、あくまで「剣さんワールド」であります。今回も、グッとくる曲なんだから、副題のslowriderで行きゃいいのに、タイトルを「亀」にするところなどに、ワールドが炸裂しています。他にも、デトロイト「音頭」とか。 「宇宙興行」も過去曲と比べてクオリティは?だけど、そうかな。

ここらへんは、例えになってるか、ちょっと不安ですが、クラプトンが「純ブルース」アルバムをリリースして、純ブルースショーをアリーナでやっても、フルハウスになってしまった頃の「なにをやっても、どんなタイトルを付けても、ファンは絶対信じてついてくる」みたいな、ある種の「地点」(スケールは違うが)に剣さんも来たかも?なんて。

CRAZY KEN BAND: ZERO

1. Intro:Zero Zero One

2. ランタン

3. 湾岸線

4. 猫

5. デトロイト音頭

6. 中古車

7. 夏

8. 蜂

9. 島の娘

10. 人間摩天楼

11. 零

12. 亀

13. 魚

14. 宇宙興業

15. 福富町ブーガルー

16. ハマ風

17. Precious Precious Precious

18. 音楽力 w/Full Of Harmony × ISO from I.S.O.P.

19. 珊瑚礁

20. Smile Again

21. Lookin' your eyes w/The Gospellers

22. SAYONARA

23. Outro:Rewind Zero Zero One

2008年8月 9日 (土)

Jazz Samba /STAN GETZ & Charlie Bird

P1020391_2 

ブルースを聴くきっかけ、ロックにのめりこむきっかけ.......いろんな音楽にはそれぞれ入り口がありました。

今聴くと、実はボッサなのか?ラテンジャズなのか?よく分からない、このなんともノンキな作品も若い頃は間違いなく、ブラジル系の音楽を聴くきっかけとなったものです。ここから、ジャズボッサブームが始まったのはまちがいないわけで。

1.デサフィナード
2.サンバ・ディーズ・デイズ
3.鵞鳥のサンバ
4.悲しみのサンバ

5.ワン・ノート・サンバ
6.エ・ルーショ・ソ
7.バイーア


スタン・ゲッツ(T.Sax)
チャーリー・バード(Gt)
キーター・ベッツ(Bass)
ジーン・バード(Gt,Bass)
バディ・ディペンシュミット(Ds)
ビル・ライヒェンバッハ(Per)

2008年8月 1日 (金)

STEVE CROPPER & FELIX CAVALIERE

Steve_2 

『Nudge It Up A Notch』

あまり、誰も触れていないが、スティーブクロッパーはブルースブラザース伴奏楽団や、再結成MG’Sだけではなく、こんなこともやってるという話題。
ラスカルズのフェリックスキャバリエをボーカルに招いて、スタックスにわざわざ復帰して、作品をリリースした、インストも結構収録されているのが、若干やっつけ臭いが(笑)まあ悪くは無い。日本盤も出るらしいよ。


ここで、30秒ずつ全曲が聴ける。
http://www.amazon.com/Nudge-It-Up-a-Notch/dp/B001CVT5KW

そして、この作品を紹介した、このblogは凄いうまい!yahoo翻訳に直にぶち込んだような文章はいったいなんなんだ!
http://music.soulful.jp/archives/category/steve-cropper/

これはちゃんとした、HMVの解説、参加メンバー、いきさつも書いてある。
http://www.hmv.co.jp/news/article/807070142

Stax1

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック