« 76年11月25日 | トップページ | 1980年12月8日 »

2008年11月29日 (土)

好きなギタリストについて書く 其の1

僕のblogトップ画面は、JESSE ED DAVIS というギタリストで、信奉者は多く、彼を通じて沢山の人と知り合えた。ソロ作品は少ないけれど、何度も何度も再発され、廃盤になり何らかの形では流通してるはずだ(最近は2in1になっているものもある)ジミーリードとプレスリーの影響を受けたらしく、ブルースナンバーはモノホン度が高い。不器用っぽく見えるが、名盤への参加も非常に多く、最近知ったのだが、陽水の「二色の独楽」にもレイパーカーとかデビッドTと共に参加してるのね。

ディスコグラフィはこれをクリックして欲しい。

彼にはソロでのライブ音源が公式には、残されておらず今のところ、唯一聴けるのがサンタモニカでのショー(恐らくラジオショー)7曲。メンバーJEDの他に Bob Glaub、Jerry Jumonvilleで、DrumsとKeyboardsは聴き取れない。聴く前は、彼のスタイルからして、ヘロヘロよれよれのライブなんだろうなあと期待してなかったが、ちゃんとしてます(ボーカルはアレですが、味ってことで)

1. Bacon Fat
2. Ching, Ching, China Boy ★
3. Reno Street Incident
4. Sue Me, Sue You Blues
5. Natural Anthem
6. It Hurts Me Too
7. Roll Over Beethoven

この音源は、何度もブートでリイシューされておりジョンレノンとのセッションと抱き合わせで50分位にして、販売されていたのが
今年10月にまた、ジャケを変えて今回は、ジェシの88年に発売されたクリスマスコンピだけに収録されたSANTA CLAUS IS GETTING DOWN も付けて(商売上手いね!)某所で流通中だ。

♪Ching, Ching, China Boyをお聴き戴こうかしら。

ち~旦MYSPACE:http://www.myspace.com/toshinorioda

« 76年11月25日 | トップページ | 1980年12月8日 »

コメント

torigenさん:
torigenさんBLOGに私も、仲間入りします!よろしくでーす。

まいった、ち〜旦さん、わはは。
この人聴いたことないです(汗)。
私は一時退院で潮先郁男さんを聴いてきましたが、これは凄い。もう一人ベースが居るような錯覚さえ覚えさせるプレイには驚愕しました。御歳75とは思わせないギター…良かったであります。
竹田一彦さんの端正でありながらグルーヴィな暖かい生音にも浸りまくりましたが、まだまだ素晴らしいギタリストがおられるんでしょうネ?凄い。
まだまだ勉強不足ですね、私。
ま、運良く生還したらその勉強不足を補うべく頑張りたい?と思ってます、爆笑。
たまにはこちらにも来てくださいヨ、ち〜旦さん、わはは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99601/25749410

この記事へのトラックバック一覧です: 好きなギタリストについて書く 其の1:

« 76年11月25日 | トップページ | 1980年12月8日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック