« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

Pearly Shells

津波がくるかも、というのに呑気ですが、昨日買った格安盤から一曲。ジャケもいいでしょ?

2010年2月27日 (土)

Eric Clapton & Jeff Beck MSG New York – 19 February 2010

NO TAL .........

タルちゃんは自分のソロ作のレコーディングに入ったようです、これも楽しみ。

Tonight’s show was excellent, I liked it better than the first one. Eric’s electric set was great, particularly Tell The Truth, Key To The Highway and I Shot The Sheriff. Adding I’ve Got A Rock ‘N Roll Heart to the setlist was a smart decision. More about the concert tommorow! (FROM :Eric Clapton Music News)

Clappola_small

ECJB2010ツアー始まりました、評判は............

Jeff Beck & Band
Eric Clapton & Band

2010 Feb 19th
Madison Square Garden
New York City, NY

Recording:
Schoeps CMC6 MK4(ortf in Hat)> Sound Devices MP-2 > Sony PCM-D50 (24Bit 44.1kHz)

---
JEFF BECK & HIS BAND
Jeff Beck - guitar
Jason Rebello - keyboards
Rhonda Smith - bass
Narada Michael Walden - drums
Orchestra

ERIC CLAPTON & HIS BAND
Eric Clapton - guitar / vocals
Chris Stainton - keyboards
Walt Richmond - keyboards
Willie Weeks - bass
Steve Gadd - drums
Michelle John - backing vocals
Sharon White - backing vocals

<span style="color:#cccccc">Jeff Beck Band
101 Eternity's Breath > Stratus
102 Led Boots
103 Corpus Christi Carol
104 Bass Solo
105 Hammerhead
106 Brush with the Blues
107 Big Block
108 A Day in the Life
109 Nessum Dorma Aria (Puccini, Turandot)

Eric Clapton & Band - acoustic
110 Driftin'
111 Nobody Knows You When You're Down And Out
112 Running On Faith
113 I've Got A Rock 'N Roll Heart

Disc 2:
201 Tell The Truth
202 Key To The Highway
203 I Shot The Sheriff
204 Little Queen Of Spades
205 Cocaine </span>

Eric Clapton & Band w/Jeff Beck
206 Shake Your Moneymaker
207 Moon River
208 You Need Love
209 Outside Woman Blues
210 Little Brown Bird
211 Wee Wee Baby
212 (I Want To Take You) Higher
213 Encore: Crossroads

合同演奏部分のみアップします。

一瞬で消去しますので、聴きたい人は早めに、再アップしません。

問いあわせはメールでどうぞ。

本日27日19:00まで。

http://chiidang.sakura.ne.jp/MSG2010/

2010年2月25日 (木)

某MIXCD

Pa0_0008

NO センス,NO SALES

ち~旦 on Twilog http://twilog.org/chiidang

2010年2月21日 (日)

V.A./PSYCH FUNK 101 1968-1975

Psych Funk 101 - A Global Psychedelic Funk Curriculum
Various

Funky fuzzy psychedelic tracks from 60s and 70s Nigeria, Iran, Turkey, Russia, South Korean and other exotic countries.

Egon helped out with the licensing of some tracks for this album, the definitive survey for students of the global phenomenon of psychedelic funk music, covering the “golden years” of the movement, from approximately 1967 until 1980.

P1050563

エチオピアトルコイランエジプトナイジェリア韓国ロシアギリシャ......

などなど、様々な国々の60年代後期~70年代サイケ・ファンクをぶち込んだナイスなコンピ盤を見つけました。

コンセプトの分かりやすく高感度バツグンのレーベルworld psychedelic funk classics(しかし、HPは見つからない!)からのリリースで、68-75年録音というくらいだから、スライだのJBだのミーターズだのを横目で見ながら、各国からの回答(そんなこた考えてないか)がこれな訳です。わが国も当然頑張っていたわけで、僕の苦手なあっちら辺の音源のCD化はほぼ全て終わり、廃盤となっても、海外盤として再リリースされたり、海外盤ということにしてブートで出たりしていますね。

これはよくYOUTUBEでコメントされる今年一番の Awesome! 的リリースでしタ。このレーベルの凄い盤はこういうのもありまス。

トラックを表記しても、無駄なんですが、一応読んでワクワクしてください。

※ポチりたい人は価格差が結構あるようですので、僕は西新宿のWAREHOUSEで1780円だったかな?2580円とかで出してるHPもありますね。

A1 Husnu Ozkartal Orkestrasi - Su Derenin Sulari
A2 Kukumbas - Respect
A3 Mulatu Astatke feat. Belaynesh Wubante And Assegedetch Asfaw - Alemiye
A4 Kim Sun - The Man Who Must Leave
B1 Petalouda - What You Can Do In Your Life
B2 Mehr Pooya - Doe Pajereh / Ghabileh-ye Lily
B3 Staff Carpenborg And The Electric Corona - All Men Shall Be Brothers Of Ludwig
B4 Group, The - The Feed-back
C1 Armando Sciascia - Circuito Chiuso
C2 Wadih Essafi - Aandak Baharia Ya Rayess
C3 Omar Khorshid - Rakset El Fadaa
D1 Metin H. Alatli - Mevlana Boyle Dede
D2 George Garanian With The Melodiya Jazz Ensemble - The Big Search
D3 Eskaton - Dagon

2010年2月20日 (土)

The Last Real Texas Blues Band (後半)

Lastrealtexasbluesband19980509a

The Last Real (Nashville) Texas Blues Band 
Gypsy Tea Room Dallas, Texas
9th May 1998 / Soundboard

Doug Sahm (guitar/vocals)
Roy Head (vocals)
Jack Barber (bass/vocals)
Shawn Sahm (guitar)
Arturo "Sauce" Gonzalez (piano/organ)
Frank Christina (drums)
with the West Side Horns -
Al Gomez (trumpet)
Rocky Morales (sax)
Spot Barnett (sax)
(Disc 2 1 - 3 & 11 - 14 > with Roy Head - vocals)


Disc 1 - 73.52
1 instrumental intro
2 I Won't Cry (Johnny Adams)
3 Dealers Blues (Doug Sahm)
4 I'm Glad For Your Sake
5 She's About A Mover (Doug Sahm)
6 Bad Boy
7 Reconsider Baby
8 Things That I Used to Do (Guitar Slim)
9 I Ain't Got Nothin' Yet (Ray Charles)
10 Don't Let The Sun Catch You Cryin' (Ray Charles)
11 Texas Tornado (Doug Sahm)
12 At the Crossroads
13 You're Gonna Miss Me


Disc 2 - 72.41
1 Treat Her Right (Roy Head)
2 Linda Lou (Ray Sharpe) (CUTS AT END)
3 Lucille (Little Richard)
4 Someday
5 Wasted Days, Wasted Nights (Freddy Fender)
6 Golly Gee (Sonny Osuna)
7 Oh Marie (Louis Prima)
8 Mack the Knife (Bobby Darin)
9 You Lied,Cheated For So Long (Junior Parker)
10 Think It Over
11 Just a Little Bit
12 Rock Me Baby
13 Treat Her Right - reprise (Roy Head)
14 One More Time / Land of a 1000 Dances / Born to Be Wild (CUTS AT END)

これの後半、いきます。DL期限は2/21 23:00でーす、感想書いてね。

☆☆☆NOW, DL HERE !! ☆☆☆

http://chiidang.sakura.ne.jp/(%20%20%20%20%20%20%20%20)/

☆Twitter http://twitter.com/chiidang

2010年2月19日 (金)

『オムニバス1 ~大瀧詠一ファーストアルバム カバー集(1980-2010)~』

新譜の宣伝になっちゃいますが、これは注目。

以下、解説:

20100218_ootaki

1972年にリリースされ、今もなお多くの支持を得ている大瀧詠一の名作『大瀧詠一(ファースト)』。同アルバムを、さまざまなアーティストが曲順もそのままにカヴァーするアルバム『オムニバス1 ~大瀧詠一ファーストアルバム カバー集(1980-2010)~』が、3月21日に発売されることが決まった。

 プレスリーのモノマネによる"いかすぜ!この恋"の歌唱があまりにも有名な西田敏行をはじめ、小島麻由美、カジヒデキ、曽我部恵一、〈初音ミクオーケストラ〉でおなじみHMOとかの中の人。(PAw Lab.)といった個性豊かな12組のアーティストが参加。珠玉の名曲の数々が、各アーティストの手によってどのような新しい顔を見せるのか、往年のファンならずともぜひチェックしてみよう。

 なお、アートワークはオリジナルの『大瀧詠一(ファースト)』はもとより、ナイアガラ・アルバムを多数手掛けている中山泰が担当。また、初回限定盤は三方背仕様のスリップケースに収録されている。



V.A.『オムニバス1 ~大瀧詠一ファーストアルバム カバー集(1980-2010)~』収録曲
1. おもい/湯川潮音
2. それはぼくぢゃないよ/怖+高田渡
3. 指切り/Smooth Ace
4. びんぼう/曽我部恵一
5. 五月雨/Tokyo's Coolest Combo
6. ウララカ/桑名晴子
7. あつさのせい/HMOとかの中の人。(PAw Lab.)
8. 朝寝坊/小島麻由美
9. 水彩画の町/CHiP SHOP BOYZ & カコイミク
10. 乱れ髪/内野誠人(スウィングアウトブラザー)
11. 恋の汽車ポッポ第二部/カジヒデキ
12. いかすぜ!この恋(Live Version)/西田敏行


☆YOUTUBEhttp://www.youtube.com/watch?v=Mwlt4Zg805c

☆Twitter http://twitter.com/chiidang

2010年2月17日 (水)

レコツイ

Help_header

レコ屋で出物があったら、Twitterでつぶやくようにしまーす。http://twitter.com/chiidang

☆YOUTUBEhttp://www.youtube.com/watch?v=Mwlt4Zg805c

2010年2月16日 (火)

LowellGeorge/Meters Jam

昔から、よく分からない音源で答えが出てないんだよなあ。

2010年2月14日 (日)

TRADE LIST (P) の後半

CDRトレードリストをウエブで管理することにしました。但し、8年くらい更新していません、ハハハのハ。

PHISH   @ goddard college cafeteria 5/3&11/23/1985 - 3cdr
PHISH   @ 9/29/00  2CDR  Thomas & Mack Center Las Vegas, NV
PHISH   @ 11/19/94b BLOOMINGTON, IN 1CDR
PHISH   @ Cover Compilation  5CDR
PHISH   @ 8-16-96  4CDR
PHISH   @ AT THE CIVIC CENTER GLEN FALLS,NYC,10.31.94. UNSURPASSED WHITE
ALBUM 2CD
PHISH   @ 21/29/98 LIVE AT MADISON SQUARE GARDEN,NEWYORK,N.Y. THE WIND
BLOWS HIGH 3CDR
PHISH   @  6/22/94  VETERANS MEMORIAL AUDITORIUM,COLUMBUS,OH   2CDR
PHISH   @  8/15/98  LORING AIR FORCE BASE,LIMESTONE,ME  5CDR
PHISH   @  THOMAS&MICK CENTER  3CDR
PHISH   @ 07/31/1999/Field of Heaven Fuji Rock Festival(3CDR)*
PHISH   @ ?/?/1994  LIVE IN USA   "LIVE BALT VOL.2"  2CDR
PHISH   @ 07/25/92 Stowe Performing Arts Center, VT, 1CDR
PHISH   @ japan tour 2000, soundcheck 6/13&14&16/2000 S 1cdr
POCO @ FILLMORE WEST ,CA,ORLANDO,FL ?/11/70+?/?/72  SBD FROM THE OUTSIDE
1CDR
PRIMAL SCREAM @ LIVE ON TOUR 1994 ROCKSUCKER BLUES 2CD
PRINCE @ STUDIO OUTTAKES YELLOW 1CD
PRINCE @ AFTERSHOW AT ESTANDARD CLUB,BARCELONA,8.23.93. I'VE GOT 2 SIDES
1CD
PRINCE @ STUDIO OUTTAKES HOT CHOCOLATE 1CD
PRINCE @ UNRELEASED ALBUM "CRYSTAL BALL" CRYSTAL BALL 1CD
PRINCE @ WITH MILES DAVIS & FRIENDS,RECORDED FEB,1989 AT PAISLEY PARK
STUDIOS CRUCIAL 1CD
PRINCE @ STUDIO OUTTAKES RED 1CD
PRINCE @ BLACK ALBUM/CRYSTAL BALL BLACK ALBUM 1CD
PRINCE @ JAMMING WITH CARLOS SANTANA,"PURPLE
RAIN"INSTRUMENTAL:VIOLINA&PIANO VER B4 I STEP 2 THE STAGE 1CD
PRINCE @ RARE 12INCH COLLECTIONS 12INCH 4CD
PRINCE @ COVER OF J.HENDRIX,J.BROWN,M.WATERS etc  /  VARIOUS LOCATIONS
'88-93 COVERRING THEM 1CD
PRINCE @ STUDIO OUTTAKES BLUE 1CD
PRINCE @ LIVE DURLING 1988 WORLD TOUR FOR A 
PRIVATE AUDIENCE SMALL CLUB 2CDR
PROFESSOR LONGHAIR @ 1CD-RStudio Sessions 1971/ Baton Rouge  sdb8
PROFESSOR LONGHAIR @ 1CD-R Studio Sessions 1972/ Memphis sdb9 57min 1972/6
PROFESSOR LONGHAIR @ ??/??/?? Live in Germany 1CDR SBD 47min
PROFESSOR LONGHAIR @ TIPATINA'S   NO  12/31/78  AUD 2CDR
PROFESSOR LONGHAIR @ 9/??/71 Studio Sessions 1971/ Baton Rouge 1CDR SBD
79min
PROFESSOR LONGHAIR @ 6/??/72 Studio Sessions 1972/ Memphis 1CDR SBD 57min
PROFESSOR LONGHAIR @ 2/4/77+1979 Tipitina's, New Orleans + New Orleans 1979
1CDR SBD 78min
PROJECT Z @ 3CD-RGeorgia Theater, Athens GA  2000/12/2
PROJECT Z @ 2000/11/30 2CD-R  Ziggy’s Winston Salem, NYC
Psychedelic Breakfast @ 1-12-02 Callahan's; Cheshire, CT  2CDR

2010年2月13日 (土)

Kung Fu

テクニカルフュージョン系ジャムバンドです、よかったら DLどうぞ

カバーばっかし、アマチュアなのか?恐ろしい。

http://chiidang.sakura.ne.jp/(%20%20%20%20%20%20%20%20)/

※2/14 23:00まで

Kung Fu
2010-01-18
Stella Blues; New Haven, CT

Disk 1 Set 1
01. Jam >
02. Son of Mr. Green Genes
03. Sophie*
04. Chakrabarty Overdrive 2
05. What So Never The Dance
06. Watermelon Man
07. Scapegoat Blues

Disk 2 set 2
01. I Am the Slime**
02. Soul Finger**
03. Scarlet Begonias
04. Raffle break$
05. Actual Proof
06. Since You Been Gone^

Disk 3 encore:
07. Stratus

* with "Semi-Fraudulent/Direct-From-Hollywood Overture" - Frank Zappa tease
** with Rob Somerville on saxaphone and backup vocals
$ This week was a "Haiti Earthquake" benefit show. Funds were donated to Americares.
^ with "Do That Stuff", "Let's Take It to the Stage", and "Loose Booty" - P-Funk teases

Son of Mr. Green Genes - Frank Zappa
Sophie - Jeff Beck
Chakrabarty Overdrive 2 - Kung Fu
What So Never The Dance - Bootsy Collins
Watermelon Man - Herbie Hancock
Scapegoat Blues - Jimmy Herring

I Am the Slime - Frank Zappa
Soul Finger - The Bar-Kays
Scarlet Begonias - The Grateful Dead
Actual Proof - Herbie Hancock
Since You Been Gone - James Brown

Stratus - Billy Cobham


Source: Soundboard Matrix (4track) @ 44.1khz/24bit
Source 1: (2)AKG483 DIN;onstage 12" front of drum kit facing audience > Zoom H4n XLR (CHannel 1&2)
Source 2: Soundboard FOH Mix (XLR) > Beachtek DXA-4P(gain control) > Zoom H4n ext mic input (channel 3&4)

Transfer: Zoom H4n > USB > Hard drive > Vegas:mixing/fades/l3/dither 16bit > CD Wave > Flac16

2010年2月10日 (水)

JOHN MILLER/LET'S GO RIDING

P1050458

フィンガーピッキングギタリストでかなり、いい感じのアメリカのイサト(とは、言わないか)ジョンミラーはもともとは、NY派プログレッシヴカントリーバンドのCOUNTRY COOKINGのベーシストでした。

その後、ギタリストとしてデビューし、その”ファーストレコーディング”となるのが、このLET'S GO RIDINGです。1STアルバムは別にあり、こっちの録音が先、という若干ややこしい状況下ですが、まあ、このミラーさんのスタイルは一聴すると、手が届きそうで、いやいや~「アニはからんや、そこは素人のアカヘコヘ」系の筆頭といえましょう。タイム感が絶妙なんかなー?ようスイングしまんにゃなー。何曲か、披露するクローハンマースタイルバンジョーとフィドルも素晴らしい。しかし、渋過ぎる、自主盤のようなたたずまいと録音クオリティのこの作品含め、全作品が一時とは言え、CD化されちまってるジャパンという国は、なんちゅうところ!、ワッタワンダホーワールドである。日本にもきちゃってるし

http://www.toms-cabin.com/JohnMiller2006/

TWITTER 矢印左右 chiidang

2010年2月 7日 (日)

Murali Coryell

Al0000088453_large

ムラリコリエルと読みます。ジャズギターの巨匠、ラリーコリエルの息子の1人。オヤジは、THE CORYELLSとして、2人の息子と作品を作ったりもしています(もう1人は、ジュリアン)ムラリさんは、おやじとは違って、ブルースロックであります、唄も枯れた声で歌います。最初「安いジョンメイヤーみたいだなあ」とひどい感想をもったんですが(笑)、バークリーのトモ藤田の弟子でした(どちらも)共通点はあったと。

エクセレントオーディエンス録音でございやす。

Murali Coryell
The Tin Angel
Philadelphia, PA
Jan. 7, 2010

Excellent audience recording

Setlist:
1.Closer To You Baby
2. I Could've Had You
3. What Works On You
4. That Makes Me Happy
5. What You Gonna Do About Me?
6. I Still Do
7. Eyes Wide Open
8. Band intro and banter
9. In The Room With Jimi

1. Banter and Harry Jacobson intro
2. Sugar Lips
3. Minor Funk
4. Banter
5. Softly Let Me Kiss Your Lips
6. Let's Get It On (Marvin Gaye cover)
7. Love And Happiness (Al Green cover)
8. Me & Mrs. Jones (Billy Paul cover)
9. I Got A Woman (Ray Charles cover)

Running time: Approx. 115 minutes

Playing in this show are:
Murali Coryell - guitar, vocals
Dorian Randolph - drums
Steve Aldi - bass
Harry Jacobson - guest guitarist (track 201 onward)


Lineage:
Edirol R-09 (with Sony mic ecm cs10) > WAV > Audacity (volume reduction) > CD Wave (for tracking) > Nero wave editor (fades on first and last tracks) > FLAC FrontEnd (SB-aligned) > FLAC

Murali Coryell HP: http://www.muralicoryell.com/home.html

2時間のショーなんで、前半ですがDLどうぞ

 http://chiidang.sakura.ne.jp/(%20%20%20%20%20%20%20%20)/

※2/11 23:00まで

2010年2月 6日 (土)

HAZMAT MODINE ハズマット・モディーン

ベターデイズのワールド・ミュージック版?と上手い表現をした人もいた(実際、♪Broke My Baby's Heartをカバーしている)。

編成は....ブルース・ハープ2人 チューバ トランペット  ギター ドラムス マリンバ ホーミー これで、気にならないわけがない。HAZMAT MODINE ハズマット・モディーンといいます、NYのバンドです。

公式サイト:http://www.hazmatmodine.com/
よい解説:http://askatasuna.shop-pro.jp/?pid=5351074

2010年2月 5日 (金)

ジャケ面出しコンペ・アレックス李さん編

久々のジャケ面出しコンペは、横浜を中心に活動しているアレックス李こと. 豊田健二さん(元クレイジーケンバンドの鍵盤担当、現在はノスタラマというユニットで活動中)

左から、達郎1ST>ハモンドオルガンのインスト>ラウンジ系イージーリスニングコンピ>リチャードグルーヴホルムス>ブッカーT&MG'S>マリーナショウ、と基本ブレない選出!

彼のライブもこの世界観が表現された、インストとボーカル【奥方】がバランスよく放出されるものです、ぜひどうぞ。

自己紹介:ノスタラマというバンドでオルガン、エレピを弾いてます。オリジナル中心で、ジャンルはというとポップス、ニューミュージック、フリーソウルって感じでしょうか?どう説明してよいかわからないので是非ライブにいらしてください。そのうち何らかの形で音源アップしようかと思っております。
また、soul organ-izersというバンドでオルガン弾いてます。こちらはコテコテのソウルジャズです。といっても往年の名曲ばかりではなくあまり誰もやってなさそうな曲のカバーを中心にやっております。

P1050237_6

2010年2月 3日 (水)

Sonny Landreth/Mississippi Blues

N41131wewdv

お!新譜と思いきや。かつてのエドセル盤『The Crazy Cajun Recordings』
をデジタル・リマスターした再発でしたとさ。たっぷり20曲収録

解説はここ。http://www.allmusic.com/cg/amg.dll?p=amg&sql=10:aifpxzrsldae

2010年2月 2日 (火)

Swing Time Jive/V.A.

P1050430

「スイング・タイム・ジャイヴ」....ステキなタイトルですな。

吾妻さんは、ああ見えてセットリストはきちんとライブ前に組み立てる人で、流れもしっかり考えるタイプです。季節に応じたナムバーや時事ネタもよく取り入れます。梅雨の季節によく演奏する曲に「アンブレラソング:The Umbrella Song」ってのが、あって元曲はFloyd Dixon with Earl Williams' Brown Buddies 名義で吹き込まれています。Floyd Dixon は40-50年代に活躍したピアノ兼ボーカリストでレイチャールズみたいなタイプのブルース色の強いシンガーです。しかし、この The Umbrella Songは、かなり異色な作品でロマンチシズム満載の2-5-1進行であります。ディクソンのキャロキャブウエイをもっと、身も蓋もなくしたような、歌声でロマンチックさを台無しにしているわけですが(笑)ジャズ風味のピアノギターベースドラムのカラオケだけで聴けば、かなり「雨の日も愛する人と居れば、これはこれでそこそこ楽しい」みたいな気になりますが、ギターソロでまた腰が砕けます。まあ、吾妻さんの塩辛ボーカルは、それはまた、別風味でね。

1  Legs Gettin' Bigger And Bigger - Red Saunders Band
2  You Can Stay But That Jive's Got To Go - Dusty Brooks
3  You're All Right With Me - Joe Pullum/Lloyd Glenn
4  Gal With A Whole Lotta Loot - Joe Liggins
5  I'll Get You By And By - Peter Peterson
6  Sweet As Can Be - Ray Charles
7  Alligator Meat - Joe Swift/Johnny Otis Band
8  Monkey Song - Frantic Faye Thomas
9  Red Head And Cadillac - Floyd Dixon/Eddie Williams' Brown Buddies
10  I'll Do Anything But Work - Ray Charles
11  Take Out The Squeal - Earl Jackson
12  Umberlla Song - Floyd Dixon/Eddie Williams' Brown Buddies
13  So There - Charles Brown/Johnny Moore's Three Blazers
14  Satchelmouth Baby - Basin Street Boys
15  Swing Man - Jack McVea
16  Right Around The Corner From Basin Street - Mabel Scott
17  Sweethearts On Parade - Billy O'Connor
18  Bippety Be Bop Pony - Mabel Scott
19  Voot Nay On The Vot Nay - Basin Street Boys

このCDを30秒づつ聴くhttp://www.hbdirect.com/album_detail.php?pid=541850

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック