« HAZMAT MODINE ハズマット・モディーン | トップページ | JOHN MILLER/LET'S GO RIDING »

2010年2月 7日 (日)

Murali Coryell

Al0000088453_large

ムラリコリエルと読みます。ジャズギターの巨匠、ラリーコリエルの息子の1人。オヤジは、THE CORYELLSとして、2人の息子と作品を作ったりもしています(もう1人は、ジュリアン)ムラリさんは、おやじとは違って、ブルースロックであります、唄も枯れた声で歌います。最初「安いジョンメイヤーみたいだなあ」とひどい感想をもったんですが(笑)、バークリーのトモ藤田の弟子でした(どちらも)共通点はあったと。

エクセレントオーディエンス録音でございやす。

Murali Coryell
The Tin Angel
Philadelphia, PA
Jan. 7, 2010

Excellent audience recording

Setlist:
1.Closer To You Baby
2. I Could've Had You
3. What Works On You
4. That Makes Me Happy
5. What You Gonna Do About Me?
6. I Still Do
7. Eyes Wide Open
8. Band intro and banter
9. In The Room With Jimi

1. Banter and Harry Jacobson intro
2. Sugar Lips
3. Minor Funk
4. Banter
5. Softly Let Me Kiss Your Lips
6. Let's Get It On (Marvin Gaye cover)
7. Love And Happiness (Al Green cover)
8. Me & Mrs. Jones (Billy Paul cover)
9. I Got A Woman (Ray Charles cover)

Running time: Approx. 115 minutes

Playing in this show are:
Murali Coryell - guitar, vocals
Dorian Randolph - drums
Steve Aldi - bass
Harry Jacobson - guest guitarist (track 201 onward)


Lineage:
Edirol R-09 (with Sony mic ecm cs10) > WAV > Audacity (volume reduction) > CD Wave (for tracking) > Nero wave editor (fades on first and last tracks) > FLAC FrontEnd (SB-aligned) > FLAC

Murali Coryell HP: http://www.muralicoryell.com/home.html

2時間のショーなんで、前半ですがDLどうぞ

 http://chiidang.sakura.ne.jp/(%20%20%20%20%20%20%20%20)/

※2/11 23:00まで

« HAZMAT MODINE ハズマット・モディーン | トップページ | JOHN MILLER/LET'S GO RIDING »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99601/33285375

この記事へのトラックバック一覧です: Murali Coryell :

« HAZMAT MODINE ハズマット・モディーン | トップページ | JOHN MILLER/LET'S GO RIDING »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック