« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月29日 (火)

RAMSEY LEWIS / GOIN' LATIN

RAMSEY LEWISがラテンをPLAY。ジャケットの飛行機はパンナムDA! 67年録音。ジャケ不良にて、300円で購入、聴ければいいの!

SUMMER SAMBA/ ONE,TWO,THREE/ FUNCTION AT THE JUNCTION がお勧め。

P1090744

2011年3月23日 (水)

ムーンライダーズ さらに

262455884

予想はしていましたが.......

ムーンライダーズ 公演延期のお知らせ http://www.moonriders.net/info/

東北地方太平洋沖地震により、
被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
ムーンライダーズメンバー、スタッフ一同、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。  

2011年4月2日(土)芝メルパルクホールにて開催を予定しておりました
ムーンライダーズ 35周年記念『火の玉ボーイコンサート』公演ですが、
予定通りの開催に向けて調整、協議を重ねて参りましたが、熟慮の結果、
開催を延期する事となりました。

この日の開催を楽しみにしていらしたお客様、また関係者の皆様には、
多大なご迷惑をおかけすることになりますが、
どうぞご了承いただければ幸いに存じます。  

本公演に関しましては、現在振替公演日を検討しております。
今後の振替公演及びチケットの払い戻しに関しましては詳細が決定次第、
当ムーンライダーズオフィシャルホームページ
及び、キョードー東京ホームページ(
http://kyodotokyo.com/)にて、
正式にご案内させていただきます。  
お客様がお持ちのチケットは、振替公演および払い戻しの際に必要となりますので、
大切に保管の上そのままお待ちいただきますようお願いいたします。

んがあ!残念。これは出演者調整大変だ。

2011年3月21日 (月)

ムーンライダーズ feat. 小島麻由美、「ゲゲゲの女房のうた」アナログ7吋盤

P1090635_2

01071101_4d2674110581b

ムーンライダーズ feat. 小島麻由美、「ゲゲゲの女房のうた」

プレス数が250枚と少ない(ジャケ裏に通し番号入り)ので、1枚あたりの単価が1470円とお高いですが、なんとなく

この曲は、アナログだろうってことで、購入。(CDSと楽曲の違いはありません)

小島さんのお声は本当に、印象に残りますね。

2011年3月17日 (木)

ウエシマ大作戦開始

258630946

大拡散求む。

2011年3月10日 (木)

Robbie Robertson / How to Become Clairvoyant

ハウ・トゥ・ビカム・クレアヴォヤント と読むらしいです。

Clairvoyant=千里眼(の人),透視者;洞察者 らしいですね、それになる方法とな。

いいじゃんね、なんなくても、金持ってんだから、社長!

日本盤先行発売!(全米4/5リリース予定)....................でも3/23に伸びた。
日本盤のみのボーナス・トラック収録

Robbie_robertson

Clairvoyant

Robbie Robertson /EPK Clip 5

Robbie Robertson EPK Clip #2

《参加アーティスト》
Robbie Robertson (ヴォーカル、ギター)
Eric Clapton (ヴォーカル、ギター)
Steve Winwood (オルガン)
Trent Reznor (アディショナル・テクスチャ) 
Tom Morello (ギター)
Pino Palladino (ベース) 
Ian Thomas (ドラム) 他

元ザ・バンドのギター・プレイヤー、ロビー・ロバートソンの
ニュー・ソロ・アルバム(SLG移籍第1弾)。
98年の“コンタクト・フロム・ザ・アンダーワールド・オブ・
レッド・ボーイ”以来、実に13年ぶりのニュー・アルバムとな
る(ソロ通算5作目)。特筆すべきは、エリック・クラプトンが
全12曲中、7曲に参加!(内、3曲は共作!)しているという点。
またトラフィック、ブラインド・フェイスなどにも参加してい
たスティーヴン・ウィンウッドも参加。クラプトンは、ギター
・プレイ、作曲の両面でロビー・ロバートソンとがっぷり四つ
のコンビネーションを組み、素晴らしい音楽を生み出している。
オールド・ファンを唸らせる人選のほかにも、衝撃的なコラボ
レーションとして、ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レ
ズナー、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン のトム・モレロ
といったオルタナティヴ界のリーダーたちも参加!ロビーの
影響力の大きさ、そして音楽の自由度の広がりが実感できる興
味深いラインナップが揃っている。また、リズム隊では、エリ
ック・クラプトン・バンドにも参加経験のある、ピノ・パラデ
ィーノ(ベース)とイアン・トーマス(ドラム)が味のあるプレイ
でしっかりと脇を固めている。
「ザ・バンドに憧れ、ザ・バンドに入りたかった…」とかつて
語ったクラプトンとロビーの共演はお互いのリスペクトに溢れ、
作曲やギターだけでなくヴォーカルやコーラスにおいても抜群
のコラボレーションを形にしており感動的である。

2011年3月 4日 (金)

Steve Miller Band 現役

Smb_stage_2010b

ジョニーウィンターも初来日がすごく楽しみだけど、スティーブミラーも

こんなセットリストだったら、ナマで観たいなあ。

Steve Miller Band
House of Blues
Dallas TX
Feb. 23rd, 2011


01 Intro
02 JetAirliner
03 Take The Money and Run
04 Mercury Blues
05 Swingtown
06 Abracadabra
07 Shu Ba Da Du Ma Ma Ma Ma
08 Fly Like An Eagle
09 Seasons
10 Wild Mountain Honey
11 Dance Dance Dance
12 The Joker
13 Hey Yeah (false start)
14 Hey Yeah
15 Further On Up The Road
16 All Your Love [I Miss Loving]
17 Ooh Poo Pah Doo
18 I Just Got back from Texas- Sweet Little Angel
19 The Stake
20 Tramp
21 Got Love If You Want It
22 Trouble
23 Living In The USA
24 Space Cowboy
25 Pretty Thing
26 Come On (Let The Good Times Roll)
27 Rockin Me
28 Jungle Love

2011年3月 1日 (火)

土岐さん

お父さんのいい仕事は勿論、写真の作品とかいろいろあるけど、一番は娘さんかもしんないね。POPな声、特に語尾が好きなんだよね。ワンコイン500円でなかなかのクオリティ。

P1090543_2 

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック