« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月28日 (日)

CHRIS MEETS PARIS MEETS CHRIS/CHRIS WOODS

P1010406


P1010408

クリス、ミーツ、パリス、ミーツ、クリス 

って変なタイトルのアナログ盤で

メンフィス生まれのサックス奏者「クリス・ウッズ」が渡仏中の1973年、

仏を代表するジャズ・ピアニスト「ジョルジュ・アルヴァニタス」のトリオ

(ジャッキー・サムソン+シャルル・ソードレ)をバックに録音した傑作盤です。

1曲目のジョン・カーンダ作曲のミュージカル「Cabaret」

 (キャバレー)主題歌をどこか室内でデカい音で聴いたときに、

あまりのゴーカイなサックスのブローのかっこよさに

軽い衝撃を受け「いいいいいい今、

かかっているのは誰の演奏ですか?」的

なアプローチにて、このLPの存在を教えてもらいました。

音楽ってのは、こういう出会いが一番美しいわけで、

今は音が出ている方面に

かざすと、何の曲かを自分の代わりに探してくれる、

アプリもあったりして、便利なこと

この上ないですが、やはりFACE TO FACEでやりとりして、

情報をゲットするのがいいね。

僕が、安く手に入れたのは、

94年に伊のBlack Noteからリリースされた

1,000枚限定(シリアルNo.入り)の再発盤の方で、

いくつかのじゃけが存在するようです。CD化された

際には、このキャバレーの別テイクが追加されたらしく

そちらも聞いてみたいですねい。

2014年9月 7日 (日)

本日の面出し

10350328_641770035930197_4375915297

昨日タンテに乗せた順に6枚をパチリ。

奇しくも中2枚のアティチューズとジャッキー&ロイは
「デコごっつん」ジャケとあいなった。
今度、このジャンルを探してみるか。
なかなか出ないだろうな。

右二つ目、ラテンロックでの、
我が推しメンNO1バンドEL CHICANOの
what's going onカバーは断然のオススメ。
最初聴いたときは、かっこいい導入で
歌が入ったら、映えるよな、まだかなあ、と期待
ムンムンで待ってたら、結局インストだったという
良い意味の脱力感を頂きました。
https://www.youtube.com/watch?v=OqKaoLyetu4

そして、左端は461〜backless時代の
クラプトンバンドの名ギタリスト、ジョージテリー在籍の
フロリダのロックバンドGAME71年作。
♪Mainline Florida の作者で、数々の名演をECと共に
残した、ジョージの若き日の記録也。EC後も
マイケル、アリサ、ジョーコッカー、Fキング、ディラン、ストーンズなど
結構録音は残しているんだが、今は何をしてるんだろな?
https://www.youtube.com/watch?v=L6t4BErnUWs&index=4&list=PL30A99E45FE938E99 もっと見る

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック