« 我が家のレア盤② | トップページ | 我が家のレア盤④ »

2017年5月24日 (水)

我が家のレア盤③

今回は、和フィメールものです。

P1060235


左上: 小林泉美&フライングミミバンド 名義の77年リリースの1stアルバム。

タイトルは「オレンジ・スカイ ORANGE SKY - ENDLESS SUMMER」

メロウ・グルーヴの和モノ定番"ハロー・ハロー・ハロー"や

ジョビンのワンノートサンバの日本語訳"フルーツ・パフェ ONE NOTE SAMBA" など、多彩なサウンドをコラージュしており、DJユースでもある名盤。

右上:プロフィールはこちら今も、札幌在住のシンガーの80年リリースの作品。見方によっては、1970年代ジャパニーズ・ウエストコースト・オールスターズ的に制作されたアルバム。タイトルは、「レディ・モッキン・バード」   久保田麻琴&夕焼け楽団、センチメンタル・シティ・ロマンス、今剛、井上鑑、細野晴臣など、当時交流のあったミュージシャンのバックアップを得て録音された。タイトル曲は、サンディ作詞、久保田麻琴作曲。アルバム発表後、半年で歌手活動停止、以降「レディ・モッキン・バード」は幻のアルバムとしてCD化もされていない。デビュー時の彼女のバンドは今剛(ギター)藤田洋麻(現洋介)(ギター)井上鑑(キーボード)マイク・ダン(ベース)上原裕(ドラム)で編成され、札幌道新ホール、新宿ルイードでデビューコンサート。後ルイードで毎月ライブを行った。だった。

YOUTUBE:で彼女の歌唱が聴けます。https://www.youtube.com/results?search_query=%E5%AE%AE%E7%94%B0%E3%81%82%E3%82%84%E3%81%93

左下:紙ジャケでCDもされた「ロフトセッションズ」という、新宿ロフトに所縁のあるアーティスト達による伝説のセッションで、当時の次世代を担う女性ボーカルに2曲ずつ吹き込ませたもの。慶応在籍時の

竹内まりやの歌唱が残されていることで、プレミアがついていた。他にも、

夕焼け楽団の名曲「星くず」を上村かをるが歌っていた。vol.1とあるが、

第2弾は出なかった。

右下:選曲・歌唱力ともに秀逸な桑名晴子の82年のカヴァー・アルバムが待望の復刻。シュガー・ベイブや大滝詠一、細野晴臣、ユーミンほか、日本のシティ・ポップ史に残る名曲満載の傑作アルバム(CDアルバムより)

晴子さんの歌唱力はもちろん、とにかく、選曲のセンスがいい。これにつきる。伴奏も当時の最先端の音を刻んでいる(吉野藤丸、松下 誠、安藤芳彦、中西康晴など)


♪ヤフオク、昨年より、7年ぶりに復活しました。
小物、雑貨、自分の音楽関係グッズ、など、
常時150点前後を出品中です。
よろしくおねがいします♪

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/mv335
?
♪レア音源満載
YOUTUBE 『ちー旦チャンネル』 
チャンネル登録よろしくです♪

« 我が家のレア盤② | トップページ | 我が家のレア盤④ »

コメント

「慶応在籍時の竹内まりやの歌唱」といえば、当時マリア・マルダーの曲(真夜中のオアシス、とか)も唄ってたという噂も聞いたことがあるけどずっと未確認のまま。彼女の軽音仲間から音源流失を期待したいものだが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99601/70658332

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のレア盤③:

« 我が家のレア盤② | トップページ | 我が家のレア盤④ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック