« 我が家のレア盤① | トップページ | 我が家のレア盤③ »

2017年5月19日 (金)

我が家のレア盤②

今回も、和モノフォークです。

P1060208


左上:高田渡さんのフルアルバムとしては1st。「汽車が田舎を通るそのとき」たしか、69年URCからのリリース       。今、渡さんの東京でのラストライブの映画やってますよね。                              

右上:シバさんが1973年、CBS/SONYより発売したアルバム

「コスモスによせる」権利上の問題とかで、

なかなかCD化されなかったですよね。シバさんの作品の中では

1stと並ぶ名作だとおもいます。

左下:映画監督、脚本家小林 政広さんの70年代フォークシンガー時代に

リリースした唯一の作品「とりわけ10月の風が 」

75年の自主制作盤。  マウンテンフォークの影響下にある(高田渡さんに師事していました)              シンプルなサウンドです。

サポートには、若き日の坂本龍一が鍵盤で参加しているほか、朝比奈逸人や佐久間順平などが達者な演奏を刻んでいます。収録曲の「たそがれ時(コカインの木の下)」が単に「たそがれ時」に変更されています、不適切なんかな。

右下:正確には、「南正人 / LIVE 1975.10.7 MANDA-LA ライブ」と表記。回帰線とかキャラメルママとのベルウッド盤が、語られがちですが

このLPでのスライドギターだけのシンプルなサポートで、際立つナミさんの

ザラザラした生々しいボーカルが、最高にアシッドです。

前回の記事(和フォーク①):

http://vivavynal.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-5f3f.html


♪ヤフオク、昨年より、7年ぶりに復活しました。
小物、雑貨、自分の音楽関係グッズ、など、
常時150点前後を出品中です。
よろしくおねがいします♪

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/mv335
?
♪レア音源満載
YOUTUBE 『ちー旦チャンネル』 
チャンネル登録よろしくです♪

« 我が家のレア盤① | トップページ | 我が家のレア盤③ »

コメント

トドさん:
曼荼羅のライブ盤、あんまり、評価されていないアルバムなんですが、俺はまあまあ好きなんですよね。スライドが無骨でいいですよね。

今回は小林 政広さん以外は音源持っていますが、ナミさんのはオーケストラの一部がバックやったり、コーラスアレンジがあったりでいささか違和感を感じる面もあります。でも古田寛一のスライドはいいですね。彼とのツアーでの武勇伝はナミさんの伝記に詳しく書かれていますが(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99601/70612379

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のレア盤②:

« 我が家のレア盤① | トップページ | 我が家のレア盤③ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック