2017年9月17日 (日)

ギタマガの日本のフュージョン、クロスオーヴァ―特集に合わせて

最近、快進撃な特集の続くギタマガ。

今月号もやってくれて、懐かしの
日本のフュージョン、クロスオーヴァ―期にフォーカスしている。

記事は読んでいただくとして、それに合わせて面出しを変えてみた。
ナベサダ、パラシュート、ナニワエクスプレス、
渡辺香津美、松原正樹、タカナカなど。 懐かしいったら、ありゃしない。

Img_0819

2017年9月16日 (土)

ITS WAX TIME!

マスクが必要ですが、

ずっといられそうな空間です。

ヴァイナルマニア以外にゃ、きっと わかんねーだろーなー。

日本人だけかもしれませんが、

ソフトビニール無しで保管すると

なかなかジャケを、めくる気が起きませんな、ゲホッ!

47359

2017年9月13日 (水)

最古日本人ブルースLP『Live in magazine No.1/2』

70年代に西新宿にあった、
magazine No.1/2(マガジンハーフ)

そのお店を閉店する記念にレコーディングされた
『Live in magazine No.1/2』
(1973、LP500枚プレス、未CD)
を、CDRに起こした盤を聴いています。

S_no1_2

思うに、これが(サイケ、ブルースロックのあっちらへんの
作品は別として)日本人のREALブルースを収録した
最古のブツじゃないでしょうか?

全6曲で少ないなあ、と最初思ったんですが
ほぼほぼ、スローブルースなんですよね、この盤。
妹尾さんのインタビューでもかかれていますが、
当時って、シャッフルよりも、スローブルース
をいかに格好良く演奏するか、という目線で
やってたんですって、流行ってらしいです。

収録の大御所以外も、『南阿佐ヶ谷ブルースバンド』とか
『スイートホーム・シカゴ』もよく出てたんですって。
元南阿佐ヶ谷BBの野田さん、覚えてます?

ホトケさんのHPには、夕焼け楽団ともここで良くsessionを
したと書いているから、洋ちゃんもおぼえてるかな?

レイジーキムさんの自身のバンド演奏もここで、初めて
聴ける(あ、夕焼け楽団の1stで弾いてるね!)

ちなみに、アップしたこもLPのフライヤーは
かの、ニューミュージックマガジン 
のパロディなんですね。

Live_in_magazine_700

収録曲と演奏者は以下。
Live In Magazine No.1/2 (CHU CHU RECORD/CM-1)1973年

Side:A
1.Gin House Blues/ウィーピング・ハープ・セノウ
2.Lonesome Morning Blues/レイジーキム・ブルース・バンド
3.Five Long Years/ウエストロード・ブルーズバンド
Side:B(Session Side)
1.Straight Boogie
2.Hard Hearted Woman
3.Got My Mojo Workin'(part.1)

Musicians:
ウィーピング・ハープ・セノウ(妹尾隆一郎)Vo&Blues Harp
レイジーキム・ブルース・バンド/ レイジーキム(中川公威)Vo&G.
平尾麻脳B 井出隆一P
古池エンタDr.
ウエストロード・ブルーズバンド/永井隆 Vo. 塩次伸二G 山岸潤史G 小堀正B 松本照夫Dr.
Guest Musicians:
トックン(沖至クインテット)B.-Got My Mojo Workin'
田村博 P.-Gin House Blues

【必読】
・ホトケさんが、ご自身のHPで、当時のウエストロードが72年に、妹尾さんに誘われて、初上京してここで演奏した思いでなどが書かれていますね。
http://www.hotoke-blues.com/music/wrbb/no1_2.html

・妹尾さんが2014年ごろのインタビューで、このお店の事、このレコードに事を詳しく応えていらっしゃいます。
http://www.geocities.jp/weepingharp_sen…/omoide/dai16wa.html

2017年9月 6日 (水)

イーグルス日本盤がどこかの国で

Fullsizerender

ディスクユニオンで、EAGLESの帯付き

日本盤レコードが1000円以上の買い取り保証でした。

どこかの国で、流行っていて需要があるんでしょうかね?

ただーし、「LONG RUN」だけはNGなんですってw


2017年8月22日 (火)

まーた見ちゃったよ

3securedownload

CD転売ヤーたちの、

音楽への愛を感じない 光景をまた見てしまった。

某中古CD店時間限定100円セールに

沸いてくるチェリーピッカー。

こちとら、パッケージの背文字が読めない というのに。

2017年8月11日 (金)

我が家のレア盤⑤

我が家のレア盤⑤ は、和モノ全般。

 

基本的にこのシリーズは、持ち物自慢なので

 

そこんところ、納得の上でお読み下さい!

P1060475

左上:

 シティボーイズの1992年「鍵のないトイレ」サントラで、

会場で購入した記憶があります。

当時の領収書もLPに入っていてw 

 

販売価格自体が4800円という破格のものでした

プレス数百枚だったんでしょうね、おそらく。

ピチカートの小西さんが音楽担当だったんで、

この形式でリリースされたのだと思います。

 

  右上: 

  うる星奴らの中でも、このジャズ編はプレミアがついていす。 

 

"DANCING STAR" のジャズカヴァー等収録されています!。

シリーズ一番人気作の VOL.2。

 

 

左下:

  フランキー堺&シティ・スリッカーズ / スパイク・ジョーンズ・スタイル 

  大瀧師匠監修の、

アートワークも最高なSP時代音源のLP化。 

 この盤のウリは、マスターテープから

のカッティングということで  

音質がとてもいいですね。

 

 

 

右下:

  ハナ肇とクレイジー・キャッツ / CRAZY CATS DELUXE  

1986年に出た、大瀧詠一氏監修という、

血統書付きのベスト
アルバムです。追加音源で、

紙ジャケCDもリリースされましたね。

 

 

    

★★Youtube チャンネル登録お願いします!★★ 
http://www.youtube.com/user/chiidang

★★Instagram★★ 

http://instagram.com/chiidang.oda/

★★Twitter★★

http://twitter.com/chiidang

るんるんヤフオク元気に出品中るんるん

http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=mv335

2017年7月24日 (月)

本日も大漁

20258404_1366693853437808_805983195


友人が某地方都市でレコ屋を開いてしまったので、
ご祝儀に4枚ほど購入、なーんか持ってる盤が何枚か
ありそげだなー。

左上から、日本のオルガン的巨匠の酒井潮さんが、エリックゲイルと真っ向勝負した名盤。
上右はDr.ロニースミス(ターバンの方)の代表作、リイシューね。左下が、コテコテなサックス奏者として、私から愛されるデヴィッド“ファットヘッド"ニューマンのDisco寄りのサウンド・プロダクション作品でジャケ趣味も悪いため、
代表作ではないが、これはこれで良さが見つけられるし、
スタッフのメンバーたくさん参加してるし。右下は、
グルーヴホルムズのオリジで、店主が開店前の繁忙時に
間違えたとしか思えないプライスで出ていたが、わざわざ
確認するのも、ヤボと黙って4枚の中に混ぜて会計させてやったぜよ。よく見ると、オルガン弾きばっかだなー。

★★Youtube チャンネル登録お願いします!★★ 
http://www.youtube.com/user/chiidang

★★Instagram★★ 
http://instagram.com/chiidang.oda/

★★Twitter★★
http://twitter.com/chiidang

るんるんヤフオク元気に出品中るんるん
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=mv335

2017年7月12日 (水)

野宮真貴 「ピンクの心」

Mv335img600x4501488601901qy8pgm1050

何故か、ジャケがバックリ欠損し、帯が切れている

野宮真貴さんのアイドル?時代 のLP「ピンクの心」

を持っていたが、ファンの人に差し上げた。

もう、この年になると、いろんな意味で、

「自分に必要なものだけ手元にあれば、それでよい」

と本当に思うようになってきた。

周りにほしい人がいなければ、バンバンヤフオクに出品している。

興味のある人は〈mv335>のIDで出してるから、覗いてみて。

【解説】

元ピチカート・ファイヴ三代目ボーカルとして不動の人気を誇る歌姫・野宮真貴。デビュ.前から友人としてコーラスに参加するなどハルメンズとのゆかりは深く、ハルメンズとそのプロデューサー鈴木慶一&ムーンライダーズの全面バックアップを得て制作されたのが、このデビューアルバム『ピンクの心』。あのゲルニカの、デビュー前、最初のプロデュース曲「原爆ロック」も収録。

★★Youtube チャンネル登録お願いします!★★ 
http://www.youtube.com/user/chiidang

★★Instagram★★ 
http://instagram.com/chiidang.oda/

★★Twitter★★
http://twitter.com/chiidang

るんるんヤフオク元気に出品中るんるん
http://auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=mv335

2017年7月 2日 (日)

関連盤を並べてみた【約束の地、メンフィス ~テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー~】

先週やっと、観にいけまして。

レジェンドと若いミュージシャンとの

9つのコラボセッションを収録しているんですが、

ブルースファンも

( ̄▽ ̄)となるシーンも多く、結構お勧めです。

自宅のレコードで関連盤を並べてみました。

M・ステイプルズはCDしかないので、残念。

Fullsizerender20170701_2

BLOG ち~旦の演奏日記 も更新しました。

https://blogs.yahoo.co.jp/mv335/71205316.html

2017年6月21日 (水)

松木恒秀さん

日本を代表するスタジオミュージシャンで、プレイヤーズ、

WHAT IS HIPのギタリスト松木恒秀さんがお亡くなりになった。

彼の残した作品で、売れっ子ベーシスト、
Wリーが初めてボーカリストとして
録音した(日本企画)シングル盤が
あって、写真の通りNYの凄腕音楽家に
混ざり、唯一の日本人として記録されている。
YOUTUBEにも、あった。

Enjoy this masterpiece!

愛のサスペンス ウィル・リー&ニューヨーカーズ(’80)          

ジャケ裏の録音メンバー紹介。

19399032_1334321290008398_754834259

レコ棚面出し部分も、松木さんの
参加物を並べてみた、もうエリックゲイルも
松木さんも居ないのか、合掌。

19366439_1334321296675064_162814349

#プレイヤーズ
#松木恒秀

#WHAT IS HIP

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック