2017年2月23日 (木)

レア音源トレードリスト一部完成

Jimage


当方、趣味でレア音源(オフィシャル音源無)
のトレード(交換)をしています。
私はCD、LP、生録含む音源コレクターで 自分でも演奏をする者です
今回完成したものは、「和モノ編」となります。
250ほどのアイテムを記載していますので、同じ趣味をお持ちの方で
興味ございましたら、よろしくお願いします。
★リスト請求先★ mv335@yahoo.co.jp (ちー旦まで)
※データにて送信いたします。交換方法はリストに記載しています。
【主な記載アーティスト】
ナイアガラ系
達郎系
ティンパン系
関西ブルース、ソウル系
春一番コンサート
70年代フォーク、ロック系
※洋楽、ジャムバンド、
レイジーケンバンド、
吾妻光良、
バンバンバザールは
別リストとなります。
 
#大瀧詠一
#大滝詠一
#細野晴臣
#ナイアガラレコード
#ティンパンアレイ
#キャラメルママ
#はっぴいえんど
#鈴木茂
#久保田麻琴
#夕焼け楽団
#小坂忠
#ホーボーズコンサート
#矢野顕子
#ブルース
#関西フォーク
#シュガーベイブ
#山下達郎

2015年11月14日 (土)

【シェア音源】THE TOUSSAINT COVERS

ニューオリンズの父、アラントゥーサンが演奏先の

スペイン、マドリッドで、惜しくも亡くなってしまいました。

彼の残した名曲の数々を幾多のミュージシャンが

カバーしていますが、ここではテーパーが編纂した

ライブテイクでのトゥーサンソングブック3CD分を

皆さんとシェアしたいと思います。

ただし、3日経ったら、消えちゃいますよ♪

THE TOUSSAINT COVERS


A Compilation
In honor of, and with gratitude for, 50 years of exquisite songwriting, performing, producing and arranging.

DISC ONE (67:22)
1. A Certain Girl (2:54)
(Warren Zevon, The Metro, Boston 9/29/1982)
2. Workin' In A Coal Mine (3:40)
(Devo, Radio City Music Hall, NYC 10/31/1981- Devo (3:30)
3. Sneakin' Sally Through The Alley (7:23)
(George Porter Jr. & Runnin' Pardners, Tipitina's Uptown, NOLA 2/26/1999)
4. Get Out Of My Life Woman (3:21)
(Paul Butterfield Blues Band, The Unicorn Coffee House, Cambridge, MA 5/18/1966)
5. Cruel Way To Go Down (4:57)
(Richard Hell, The Grotto, New Haven, CT 3/9/1985)
6. Ruler Of My Heart (3:52)
(Marianne Faithfull, Cully Jazz Festival, Lavaux, Switzerland 3/29/2007)
7. Fortune Teller (2:16)
(The Dogs, Rouen, France 9/22/1982)
8. What Do You Want The Girl To Do? (3:55)(Boz Scaggs w/Allen Toussaint, Municipal Auditorium, NOLA 9/13/1989)
9. Get Out Of My Life Woman (5:26)
(Brian Stoltz, Carrollton Station, NOLA 3/6/2004)
10. On Your Way Down (6:53)
(Little Feat, Orpheum Theatre, Boston 10/31/1975)
11. All These Things (1:39)
(Elvis Costello & The Attractions, Kosei Nenkin Hall, Tokyo 9/13/1996)
12. Play Something Sweet (Brickyard Blues) (3:16)
(Frankie Miller, WDR Studio-L, Koln, Germany 6/3/1976)
13. Fortune Teller (4:20)
(Robert Plant & Allison Krause, Bonnaroo Festival, Manchester, TN 6/15/2008)
14. Happiness (9:34)
(The Pointer Sisters, San Francisco 1983 [BBC Radio 1 Broadcast])
15. It's Raining (3:49)
(Irma Thomas, Voodoo Music Festival, NOLA 10/28/2007)

DISC TWO (70:01)
1. Soul Sister (3:55)
(Chuck Prophet, The Berkeley Cafe, Raleigh, NC 6/17/2008)
2. What Do You Want The Girl To Do? (5:16)
(Lowell George, Stage West, West Hartford, CT 6/22/1979)
3. Wonder Woman (3:15)
(Elvis Costello & The Imposters, Ryman Auditorium, Nashville, TN 4/23/2008)
4. With You In Mind (4:16)
(Frankie Miller, Paris Theatre, London 1977)
5.
Get Out Of My Life Woman (6:55)
(Nils Landgren, Kulturens Hus, Lulea, Sweden 3/24/2007)
6. Get Out Of My Life Woman (4:29)
(Leon Russell, Fillmore East, New York 11/21/1970)
7. Working In A Coal Mine (6:04)
(PBS, Mid-City Lanes Rock 'n Bowl, NOLA 4/25/2005)
8. Sneakin' Sally Through The Alley (7:23)
(Phish, Madison Square Garden, NYC 12/30/1997)
9. Fortune Teller (2:29)
(Lords of the New Church, The Agora, Cleveland 6/10/1982)
10. Pain In My Heart (2:36)
(Otis Redding, Birmingham, AL 1967)
11. Yes We Can Can (4:58)
(The Pointer Sisters, San Francisco 1983 [BBC Radio 1 Broadcast])
12. Riverboat (5:09)
(Elvis Costello & The Confederates, Orpheum Theatre, Boston 10/17/1986)
13. Hercules (6:08)
(Boz Scaggs, Borgata Hotel Casino & Spa, Atlantic City, NJ 7/4/2008)
14. Life (7:02)
(Dr. John, NOJHF, NOLA, 4/28/1986)

DISC THREE (69:38)
1. I'll Take A Melody (12:48)
(Jerry Garcia Band, Warfield Theatre, San Francisco 4/20/1994)
2. Get Out Of My Life Woman (8:55)
(Jerry Garcia Band, Warfield Theatre, San Francisco 4/20/1994)
3. Shoorah (2:46)
(Rita Coolidge w/Allen Toussaint, Municipal Auditorium, NOLA 9/13/1989)
4. With You In Mind (4:45)
(Rita Coolidge w/Allen Toussaint, Municipal Auditorium, NOLA 9/13/1989)
5. Fun Time (2:51)
(Joe Cocker, Hotel Metropol, Berlin 10/31/1980)
6. Sneakin' Sally Through The Alley (4:19)
(Robert Palmer, Capitol Theatre, Passaic, NJ 10/13/1979)
7. Get Out Of My Life Woman (7:33)
(The Trio +1 - Johnny Vidacovich, George Porter Jr., Mike Dillon & Skerik, The Maple Leaf, NOLA 4/26/2008)
8. Fortune Teller (2:47)
(The Who, Fillmore East, New York 10/1969)
9. Lipstick Traces (On A Cigarette) (3:35)
(Alex Chilton, Under Acme, New York 5/1/1998)
10. Ruler Of My Heart (2:55)
(Irma Thomas, Voodoo Music Festival, NOLA 10/28/2007)
11. Get Out Of My Life Woman (3:40)
(Herman Brood & His Wild Romance, Swimbadclub, Heidelberg, Germany 5/14/1987)
12. Workin' In A Coalmine (3:58)
(The Original Meters, Sea-Saint Studios, NOLA 2/1975)
13. Tell It Like It Is (4:27)
(The Neville Brothers, Boulder Theatre, Boulder, CO 4/18/2008)
14. Southern Nights (4:14)
(Allen Toussaint, Deutsches Jazzfestival, Frankfurt, Germany 10/1992)

AllenToussaintCoversVol1:音源DL

http://fast-uploader.com/file/7002986837266/

AllenToussaintCoversVol1: 曲データDL

http://fast-uploader.com/file/7002986672363/

2015年6月 6日 (土)

MEMBER OF LITTLEFEAT 20150523

フィーツファンの方に向けてのPOSTです。

秋に、バラカンさんイベントでポールとフレッドコンビが
TINPANと組む企画があり面白そうですが、
公式HP http://www.littlefeat.net/tour.html
を見ますと、現在彼らは以下の組み合わせで各地でショー
をしていますね。

1)フルバンドの”LITTLEFEAT”
2)”MEMBER OF LITTLEFEAT”と称してのビルペイン抜きの
ユニット(曲によりゲストメンバー有)
3)”MINI FEAT”と称してのギター2人+リズム隊の4人ユニット
4)ポールバレル&フレッドタケットのアコギデュオ
5)ビルペインのソロ
6)他バンド、ミュージシャンLIVEへの参加
(オーリアンズ+ポール&フレッド、Leftover Salmon へのビル加入など)

ギター弾きとして、注目すべきはまず、2)であります。

New20banner



「フィーツの魅力」の相当なシェアを占める、<ビルペイン> の鍵盤力が一切排除された、2時間のショーなんですね。
これを珠玉のセットリストほぼそのままで、デキシーチキン含め
ビルのピアノリフなしでどうやってやるんだよ!みないな名曲も
大幅なアレンジをすることなく、猪突猛進スタイルで押し通す残りメンバーの男気を見た(何曲かゲスト鍵盤います)気がします。他には、レヴォンにささげたthe weight をwillin' に続いて
披露したりしています。そしてボーカルには、前々担当であった
クレイグフラーが全編参加しております。

”MEMBER OF LITTLEFEAT” の20150523のセントルイスでのショーを頂いたので、アップします。
良かったら聞いてください。

<セットリスト+音源>
ダウンロード用URL https://kie.nu/2AHP
ダウンロード用URL https://kie.nu/2AHS

2014年6月15日 (日)

"Willin'" collection tributed to Lowell George

6月29日はロウエルの命日

Tribute to A Fat Man In The Casket
リトルフィートのロウエルジョージは 1979年6月29日、遠征先のヴァージニア州アーリントンのホテルで心臓発作を起こし、 34歳の若さでそのまま帰らぬ人となりました。彼の唯一無二のスライドギターのスタイルは勿論、 彼の作る不思議な魅力の楽曲は多くのひとを魅了し、現在も愛され続けています。 彼の生きていれば62歳?の誕生日である、2006年4月13日の後、 とても感動的なCDRが音楽の神様より送られてきました。 ファンのエネルギーって本当に凄いと思いました。 ここには、ロウエルの声もギターも収録されていませんが、 代わりに、ロウエルの代表曲の奇跡的に美しいナンバーである   ”willin'”を18組のミュージシャンのライブ音源にてコンパイルしてあります。 名曲は18回続けて聴いても飽きないんです。 タイトルの”fat man in the cascket”という表現は、もちろんローウェルを指しています。 でも、ローウェルは死後火葬され、その遺灰は太平洋に散骨されましたそうです。 ですから、遺体の入った棺は存在しません。 上の表現は、我らがフィーツのガンボでヒップなナンバー「fat man in the bathtub」のジョークですね。
"Willin'" collection tributed to Lowell George for his 60th birthday 
01. [04/20/1970] The Byrds
02. [02/18/1975] C. Cody
03. [07/14/1976] Linda. R
04. [04/11/1987] Max Creek
05. [09/09/1999] Bob.D (the date is not confirmed)
06. [12/03/1993] Uncle Tupelo
07. [12/15/1996] Black Crows w/ Warren Haynes
08. [11/28/1997] Steve Kimock & Friends
09. [03/12/1998] Fat Cats
10. [02/17/1999] moe.
11. [02/??/2001] Rock And Roll Doctors
12. [12/27/2001] Mr. Blotto
13. [11/07/2003] Dexter Grove
14. [02/04/2004] The Bridge
15. [02/13/2004] gypsy can co.
16. [04/08/2004] The Radiators
17. [08/28/2004] David Gans
18. [03/02/2005] Tea Leaf Green

2012年6月26日 (火)

Johnny Winter and  Sonny Landreth Jamming to 'Dust My Broom ‘

ご無沙汰してます。

今回の記事は、レコは掘ってませんが、音源をUPしたのでよかったら

聴いてください。

★★Facebook★★
http://m.facebook.com/profile.php?id=100002916203399&refid=7&guid=ON

★★Chiidang on Twitter★★
http://twitter.com/chiidang

★★ち~旦の演奏日記★★ LIVE情報
http://blogs.yahoo.co.jp/mv335

★★Chiidang on YOUTube★★ 
http://www.youtube.com/user/chiidang
★★Chiidang on Myspace★★ 
http://www.myspace.com/toshinorioda

2012年5月19日 (土)

RY COODER - FILLMORE WEST,S.F. -December 1970

私が所持する、彼のライブ音源で最も古いものです。バンド編成で、なにより

メンバーが最高ですね。

2011年12月23日 (金)

"Take It Easy (demo version) Studio 9 track raw multitrack recording

Image 

面白い音源をもらった。JBの名曲Take It Easy のマルチ音源。B4でも、最近ブートで

流出していますね、ハードデイズナイトの頭のコードも判明したし。

ホテルカリフォルニアも未確認ですが、聞けるようです。

個人的には、ライブ録音よりもこういうのが、沢山聞きたいですなあ。

Eagles
"Take It Easy (demo version)

Studio 9 track raw multitrack recording

9 tracks flac -decompress to wav they are 44.1k/24 bit mono files.

01. acoustic guitar 1
02. acoustic guitar 2
03. bass
04. backing vocals left
05. backing vocals right
06. drums left
07. drums right
08. electric guitar
09. lead vocal

10. Mixdown

These are raw multitracks for an unreleased demo of "Take It Easy"

This was written by Jackson Browne and Glenn Fry and was the Eagles' first single.
It was a smash, arguably among the most important songs of the 70's.

Personel:
Glenn Frey: Lead vocals, acoustic guitar
Don Henley: Drums, backing vocals
Bernie Leadon: Lead guitar, banjo, backing vocals
Randy Meisner: Bass guitar, backing vocals

★CHIIDANG'S   Facebook: http://p.tl/G_fd

chiidangをフォローしましょう

2011年10月29日 (土)

DUANE ALLMAN

  Epson006

今日は多くの方がコメントされていますが、デュアンオールマンの命日ですね。

71年10月29日にハーレー事故により25歳前という若さで命を落としています。音楽活動期間としては、わずか10年ですが、彼の残した、スライドギタリストとしてのイノベイター的功績は、いまでも多くのギタリストに影響を与えており、いまだに、「デュアンのいないオールマンなんて」という身も蓋もない意見も多く(泣)

いやー、しかし!オールマンにしてもフィーツにしても今現在のバンドがベスト!と思って、ファンとしては、見守ってあげたいと思っている次第でございます。

さて、今から15年ほどまえですかねえ、まさにこの命日に私の自宅に当時、親しく音楽情報交換をしていた、御仁から2枚組CDR

が届きました。内容はデュアンのアンソロジーⅢを妄想で制作したので、仲間に聞いて欲しい、感想をくれ(ここが大事で、マニアはこれをほしがります、これがモチベーター)と。

これは海賊盤とは違うので、世間に出回りはしませんが、中身はオフィシャルのⅠ、Ⅱのコンセプトを踏襲して、過去の10年間のデュアンのサポート仕事と、未発表トラックから成り立っています。今となっては、驚愕のレアトラックてのはないですが、うまくスタジオワークでのデュアンのセンスの良い作業記録を拾ってくれています。トラックリストを見てみよう。

Epson007_2

ローラニーロ、スペンサーウィギンスあたりがセンス光りますね。

1曲目だけYOUTUBEに、アップしました。

http://www.youtube.com/watch?v=gPS_QetwjFA

実は、このアイデアに乗って他にも、いろいろⅢは作られていて、ブートとして販売されているものもありますが、中身はほとんどオフィシャル音源なんで、掟破りですねえ。ジャケ

センスも一目瞭然。

Cdranthology3b

Img_904963_45266481_2Cdranthology3f 

★CHIIDANG'S   Facebook: http://p.tl/G_fd

chiidangをフォローしましょう

上位目指します、クリックplease!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

■■■小田利徳 aka ち~旦、Chiidang■■■
========================
on Twitter
http://twitter.com/chiidang
BLOG 「ち~旦のレコ掘り日記」
http://vivavynal.cocolog-nifty.com/blog/
BLOG 「ち~旦の演奏日記」
http://blogs.yahoo.co.jp/mv335

YOUTUBEにレア音源、映像、レコリスト等 上げています
http://www.youtube.com/watch?v=33nlixt9IYw

2011年10月24日 (月)

hard to find ! THE SHOW I WANT

音楽活動と並行して、音源トレードは細々とやってます。

最近はビットレ主体になって、昔のようにCDRやDATがポストに投函されるワクワク感が

少なくなってきています。

トレードやってた、みなさんも、やっぱ会社帰りとかに「今日は来てるかなあ?」などと

ポストの扉を開ける楽しみってなかったですか?音楽がある限り、聞きたい音源はあるわけで、終わりのない作業なんですが昔から、入手出来てないものは、結構ありまして。

だいたい、よほどの人(筋金入りコレクター)じゃなきゃ、それはたどり着くところが一緒だから同じもの(音源、映像)になることは多いです。ただ、この趣味の面白いのは、僕も含めて、金で動かされる人ばっかじゃないから、お金持ち=モノもち、とは限らないってこと。

いくら積まれても、そのミュージシャンに思い入れが感じられないと、他の理由とかで断っちゃうこともありますし、逆に真のコレクターは松竹梅、全部揃えたいわけだから、金がなくても、欲しいっていう情熱で、持ってくことも可能です。

海外のコレクターは年齢に合わないWANTだったりすると、必ず「なんで、お前みたいな

年齢のやつがこんなの探してるんだ?」みたいこと言ってきますよね。これも、先方が

商売っけ抜きで、本当に不思議におもってのこと。

今回は、30年以上集めてて未だに、そこにも出てこないものを二つ紹介します。持ってる人は、こっそりメールください、それなりの物と交換しましょう。

洋楽部門

Date: 7/24/83
Performer: THE BAND
Location: Grass Valley, CA
Source/Quality/Length: AUD/VG/90
Note: w/Jesse Ed Davis
Song list:

  1. Rag Mama Rag
  2. Long Black Veil
  3. Up On Cripple Creek
  4. Shape I'm In
  5. It Makes No Difference
  6. Milk Cow Boogie
  7. The Weight
  8. King Harvest
  9. Voo Doo Music
  10. Back to Memphis (levels drop during song)
  11. You Don't Know Me
  12. Stage Fright
  13. Caledonia
  14. Java Blues
  15. Get Out Your Big Roll Daddy
  16. Mystery Train
  17. Rock & Roll Shoes
  18. Blaze of Glory (end cut)

以上!これでわかると思います。VGで録音されているけど、誰が持ってるんだ?1stリユニオンツアーの9日目

です、飛び入りで何曲かなのでしょうが、聴きたいでっしゃろー。

★CHIIDANG'S   Facebook: http://p.tl/G_fd

chiidangをフォローしましょう

上位目指します、クリックplease!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

■■■小田利徳 aka ち~旦、Chiidang■■■
========================
on Twitter
http://twitter.com/chiidang
BLOG 「ち~旦のレコ掘り日記」
http://vivavynal.cocolog-nifty.com/blog/
BLOG 「ち~旦の演奏日記」
http://blogs.yahoo.co.jp/mv335

YOUTUBEにレア音源、映像、レコリスト等 上げています
http://www.youtube.com/watch?v=33nlixt9IYw

2011年8月31日 (水)

The Band /Central Park,1971

The Band Schaefer Music Festival,Wollman Skating Rink
Central Park,New York,New York

June 30, 1971

1. W.S. Walcott Medicine Show
2. King Harvest (Has Surely Come)
3. Time To Kill
4. The Weight
5. I Shall Be Released
6. Stage Fright
7. The Night They Drove Old Dixie Down
8. Across the Great Divide
9. Unfaithful Servant
10. Up On Cripple Creek
11. Loving You (Is Sweeter than Ever)
12. The Genetic Method
13. Chest Fever
14. Rag Mama Rag
15. The Shape I'm In
16. Baby Don't Do It

AUDIENCE UNKNOWN LINEAGE > REEL > M-AUDIO TRANSIT >
COOL EDIT > CD WAVE EDITOR > FLAC

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック